2011年01月20日

咳エチケットしろっつーの。

寒い日が続きますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

さて、先日、関西地方で電車に乗る機会がありました。
日頃は社内に引きこもっていて、家と会社との往復(時々スーパー)の毎日で
あまり公共交通機関を使う機会がないので、ちょっとテンションが上がりました。

しかし、そのテンションを叩き落とす出来事が。


隣の席に座ったおじさんが、明らかに、明らかに! 変な咳をしてます。

グォッホッ!グォッホォッ! みたいな。

あら…風邪かしらお気の毒…
と思いたいところですが、

頼むからマスクをしてくれ(怒)。


巷でインフルエンザが流行りだしてるという昨今、こんな乾燥した電車の閉鎖空間の中で
飛沫をまき散らさないでくれ。
どうせ、その飛沫がついた手で、手すりを触るんだろ!

苦々しく思いながら、車両の中を見渡すと、乗客は100人ほど。
その中でマスクをしているのは2人でした。

思えば、2年前、関西地区から新型のインフルエンザが拡大した時は
98人マスクの2人マスクなしって感じだったのにね。
当時はマスクをしない人が白い目で見られるような独特の雰囲気だったのに
喉元過ぎれば熱さ忘れるというかなんというか、
流行に流されやすいというかなんというか。


せめて、咳をしてる人はマスクをしてほしいものです。

文献によると、予防的にマスクをしても大して効果はないらしい。
予防で効果を得ようとすると、かなり大掛かりな装備になってしまいます。

むしろ、風邪ひいてる人がマスクをすることにより
飛沫が飛び散るのを抑えてくれます。
というわけで、数年前から厚生労働省は「咳エチケット」を推進しています。

 過去記事はこちら 「咳エチケットって?
 http://lovelykin-kin.seesaa.net/article/112843637.html

 以前、マスクありとマスクなしでこんな試験をしてみました。
 「風邪引きさんへ マスクをしよう
 http://lovelykin-kin.seesaa.net/article/79343899.html


さて。お陰さまで、私は見事に風邪をうつされまして、
2日後には、そのオッサンと同じような咳をしてましたとさ。

オッサンと違うところは
罹患後に私はちゃんとマスクしてたところだけどね!!

というわけで、皆さん風邪やインフルエンザにはお気をつけてー!

2歳児の娘。
口をブーッ!と言わせるのがブームです。




      ひえーっ!
  こんなに飛沫が散ってます!

これをインフルエンザにかかったときにやられたらと思うと…ブルブル。
保育園で1人がやったらみんな真似してやってると思うと…ブルブル。

「幼児おくちぶー!禁止令」を出したいです。
posted by moako at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月05日

菌賀新年!

あけましておめでとうございます!


新年早々、旦那の家のぼっとんトイレに携帯電話を落としたmoakoです。
大騒ぎしながら拾った携帯電話はウンまみれでしたが
洗ったら復活しました。さすが防水携帯。
ウンが着いたので、宝くじでも買おうかしらん。


今年はウサギ年。私にとってもmoako家にとっても
ぴょんぴょん飛躍の年になったらいいなと思っております。



さてさて、新年早々私どもは毎年恒例の初詣に出雲大社に行ってまいりました。

 
 出雲大社。

 
そう。皆さん覚えていますでしょうか。


正月に山陰地方を襲った記録的豪雪を!!



思えば、玉造温泉のホテルが年末年始にボコボコ空室になってるなんておかしいんですよ。
なにかあるからなんですよ。

そう!
みんなこの豪雪を見越して、キャンセルしてるんですよ!



そんな中、馬鹿なmoakoは。


「おお!玉造温泉のホテルに空室がある!」←馬鹿

これはもしや、年末年始の天気予報での雪マークを見てキャンセルが出たに違いない ←ちょっと賢い
よし!チェーンもあるし、今年は雪見で温泉だ!←やっぱり馬鹿


というわけで、奇跡的に(本当は奇跡でもなんでもないのだが)空いていたホテルに予約をいれ、
元日の朝10時に岡山を出発したのでした。

普通なら3時間くらいで着く道のり。


結論を先に言うと


10時間かかりました!


雪は覚悟していたのですが、こんな豪雪、米子松江で初めてみたぜ!

普通なら積雪のピークは中国山地の峠付近で、山を下るにつれて雪は少なくなっていくのですが
この日は、山を下れば下るほど、雪がどんどん深くなっていき・・・

    110101_1206~0001.jpg
   峠にてチェーンを巻きながら雪遊び。雪の多さに娘ちょっと引いてます。

9号線は大渋滞。というか、立ち往生。30分待って、動いたと思ったら50mほどでまたとまってさらに30分(・・・以下略)
ならばと抜け道を行けば坂道が上れず引き返すことに。

にっちもさっちもいかず、結局宿に着いたのは夜の8時半でした。。。
宿の方々には大変ご迷惑をおかけしまして申し訳ない。

   110102_0832~0002.jpg
        朝の旅館にて。雪積もってます。

すっかり疲労困憊した旦那。
私は後部座席でキャーキャー言ってるだけだったのですが
10時間も雪道の運転をさせられた彼は、温泉旅館なのにお風呂にも入らず
掛け布団もかけず爆睡してました。もったいない。



しかし、豪雪大渋滞の中、クラクションの1つも鳴らさず
車がスタックしたら、周りの車からおもむろに人が出てきて、よいしょと押してあげ、
ラジオからは「9号線沿いのお宅の皆様は渋滞の方にトイレを貸してあげてください」と放送が流れ
コンビニポプラの配送車はたどり着けなかったおにぎりなんかを回りのドライバーに配ったりと

心温まるエピソードがたくさん生まれたのは山陰のお国柄なのかもしれません。


次の日に行った出雲大社も豪雪の影響を受けてかガラガラでした。
2日なのにー!


とまあ、ばたばたでしたが、記憶に残る正月でした。
ぜんぜん休めなかったけどね!!

  110102_1613~0001.jpg
  出雲大社の近くの博物館にて。昔の大社の柱だそうです。
  でかっ!

posted by moako at 09:47| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月31日

2010年 お疲れ様でした!

今年ももう終わり。
1年間皆さんありがとうございました。

毎年恒例の今年の振り返りをしたいと思います。
(と書いている今はもう年を越してるんですが)

1月 正月に松山道後温泉に行くも、旦那ダウンにてとんぼ返り。
   その後、旦那百日咳が判明。

2月 パソコンを新調する。わーい。

3月 娘ロタウイルスにかかる。
   http://lovelykin-kin.seesaa.net/article/142584851.html
   娘ロタウイルスにかかる。その後。
   http://lovelykin-kin.seesaa.net/article/143133150.html
   典型的な症状でした。そして、今までで一番ひどかった(泣)
   39℃熱が出てもピンピンしてる娘がさすがにぐったりしてた。

4月 おにぎり試験をしました。ラップで握るのは正しいらしい。
   おにぎり試験@ ラップの有用性を確かめる!
   http://lovelykin-kin.seesaa.net/article/146411496.html
   http://lovelykin-kin.seesaa.net/article/146555965.html
   このころ、口蹄疫が発生なかなか終息せずどきどきしながら見守りました。
   Twitterを始める。結構ハマってます。

5月 GWは車で長崎へ。ハウステンボス楽しかった!
   http://lovelykin-kin.seesaa.net/article/149392030.html
   http://lovelykin-kin.seesaa.net/article/149593481.html
   http://lovelykin-kin.seesaa.net/article/150294936.html
   

6月  何事もなくすごす。
 
7月 水出し麦茶の実験をする。
   これがTwitterを介してちょっとした話題になったようで
   こんなマニアックなブログにビックリするくらいの訪問者が来る。
   水出し麦茶ってどうよシリーズ
   http://lovelykin-kin.seesaa.net/article/155678073.html 
   http://lovelykin-kin.seesaa.net/article/156334487.html
   http://lovelykin-kin.seesaa.net/article/156894870.html
   http://lovelykin-kin.seesaa.net/article/157146560.html
   http://lovelykin-kin.seesaa.net/article/157761251.html
   http://lovelykin-kin.seesaa.net/article/158281642.html

8月 お盆を皮切りに瀬戸内海の島々で開かれた「瀬戸内国際芸術祭」に通い始める。
   あんまり興味ないっていいつつも、結局毎週のように島めぐりをする羽目に。   
   豊島 http://lovelykin-kin.seesaa.net/article/159919469.html   
      http://lovelykin-kin.seesaa.net/article/160815941.html

9月 娘、2歳になる。
   そして9月になっても島めぐりは続く…
   しかし、blogにそれをUPしても全く反応なし(笑)
   つくづく菌以外の情報は求められてないことを再確認する。
   でも書くけどね。
   女木島 http://lovelykin-kin.seesaa.net/article/163370621.html
   男木島 http://lovelykin-kin.seesaa.net/article/163859417.html 
   犬島  http://lovelykin-kin.seesaa.net/article/165522535.html

   防菌防黴学会のくじ引きで一等賞を引き、菌のぬいぐるみをもらう。
   http://lovelykin-kin.seesaa.net/article/164065497.html

10月 まだ続いている島めぐり。もういいんじゃないか??
   小豆島 http://lovelykin-kin.seesaa.net/article/165882597.html
         http://lovelykin-kin.seesaa.net/article/165883833.html
   直島   http://lovelykin-kin.seesaa.net/article/166911932.html
   まとめ  http://lovelykin-kin.seesaa.net/article/168267917.html

   そして、11月末日閉幕。しっかり楽しませてもらいました。
   3年後にまた開催とのこと。また行くんだろうなあ…

11月 島めぐりに力尽き、おとなしく過ごす。

12月 最後の最後に2月に買ったパソコンの液晶パネルが割れたり
     車を当てられたりしてなんだか心が凹む。
  
本厄だけあって、いろいろありました。車は3回にわたって凹むし。
私より車が厄年だったんじゃないか??

今年はTwitterをはじめたり英語の勉強を始めたりして
ちょっとずつ自分の時間を充実させ始めた年でした。
来年も継続していきたいと思ってます。

blog、mixi、twitterとちょっと手を広げすぎた感はあるけどね(笑)

身の回りの細菌の試験もふと思いついたときにやっていきたいと思います。
皆さんも身近な疑問があったら是非ネタ振りしてくれると嬉しいです。

2011年もmoako&サイキンのオハナシをよろしくお願いします!

みなさんにとっていい年になりますように!!
posted by moako at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月10日

NASAのヒ素生物雑感。

遅くなりましたが、「サイキン」のオハナシとしては触れておきたいニュース。

たまたま起きていたので、NASAの発表をリアルタイムで見ることができました。
NASAの一大発表をこんなに簡単にリアルタイムで見ることができるってことにちょっと感動。
便利になったもんだ。

さて、事前に「地球外生命体に関する発表」をするということから

「とうとう 宇宙人発見か?」
「土星に生物が見つかったか?」
などなど、いろいろ思惑が飛び交っておりましたが、

で、発表の内容は

  「ヒ素を摂取し生命維持できるバクテリア発見」

   As.jpg
   
おおっ!!!!
 おおぅぅぉぉぉ…

確かに生物学的にはすごいけど…。



地球外生命体は????


「今回の発見で生
命の定義が広がった。太陽系内で生命が存在する兆候を探索する際にも、
より広く、より多様に、われわれの知らない形の生命についても考慮しなければならない。」



おおぅぅぅ…まあ、そうだね。


というわけで、分子生物学屋さんにとっては大発見だったんだろうけど
一般市民(私含む)にとってはちょっと肩すかしな感じの発表でした。

いろんな方が詳しくまとめて下さっているので詳細はこちら。


 I'm not a scientist  リンの代わりにヒ素をDNAに取りこむ微生物が見つかった
  http://d.hatena.ne.jp/popeetheclown/20101202/1291319775 
 
 有機化学美術館 「ヒ素生物」の衝撃
  http://blog.livedoor.jp/route408/archives/2010-12.html#20101204

ヒ素はリンと化学的性質がよく似ているので、言われてみれば確かに転換できなくもない気もするなあ.

「ヒ素を食べる細菌」というと、ただヒ素を取りこんでるだけって感じだけど
DNAの中に組み込んだってところがすごいんだよなあ。
代謝に利用するだけなら、結構ありそうな話だし。

個人的には面白いと思いますし、確かに大発見だと思うけど
微生物がこんなに好きな私がちょっと拍子抜けしたくらいだから
きっとみんな、かなり拍子抜けしたのではないかと予想されます。

だって、天下のNASAが「地球外生命体について重大な発表をする!」って言ったら
期待しちゃうじゃん!

で、やっぱりの展開だけど、この結果についての反論や疑問の声が上がってます。
今までの常識を覆す発見が発表された時は大体こういうパターンになって
それをさらに覆す実験を行い、さらに再現性を得ることによって
発見が通説へと進んでいくのですね。



私はと言えば、この発表を見る数日前に、こりゃまた遅まきながら、マイケルベイ監督「トランスフォーマー」を見ておりました。
見てない人にはネタばれになるかもしれないけど、この映画の中には機械を体の構成元素とする
ロボット生命体が出てきて大暴れするんだな。

だから、ヒ素が構成元素と聞いても


「いや、そりゃ、ロボット生命体がいるくらいだから、ヒ素をDNAに取り込んでたって
それくらいありでしょ!」

と思ってしまったのでした。

それもこれもトランスフォーマーが悪い(笑)

ともあれ、今後の研究が楽しみです。
そして、もっといろんな微生物が見つかればおもしろいのにー!
posted by moako at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月30日

サラサラ鼻水とあおっぱな。考察編

サラサラ鼻水とあおっぱなについて。

前回の試験の結果について、Twitter上でちょっとした論議になりました。
確かにこの結果は不思議だなあと思っているのですが、
専門の方がいろいろ教えてくれてうれしいです。

今回、あおっぱなから菌があまり出なかった原因として考えられるのは(今のところ)3つ。

1.本当に菌がいない。

 この結果をそのままとらえるならば菌がいないことになります。 
 
2.何らかの原因で菌の発育が抑制されている。
  この可能性はあると思います。確かに今回は鼻水をそのまま培地上にまいているので
 抗菌成分もそのまま培地上に残留していることになります。
 今回つかった培地は特に失活剤なんかもいれてないので、高濃度で残留した抗菌成分が
 作用して菌が生きているのに生えない、という事態なのかもしれません。

3.菌はいるがこの培地じゃ生えない。
 この可能性もあると思います。
 培地は生きている全ての菌を検出するわけではありません。
 用いた培地上で、行った培養温度、時間、周りの条件(酸素ありなしなど)において
 「僕!増えれるよ!」という奴だけが増殖し、目に見えるコロニーを形成します。
 そして、そのコロニーが私の目にとまった奴だけが検出されたということになります。

 さて、今回用いた標準寒天培地は主に食品分野でよく用いられる培地で塩類が入っていません。
 だから、ヒト由来の菌を検出するには検出感度があまりよくないのではとのこと。

 確かに―。

 今まで緑膿菌にせよ、ブドウ球菌にせよこの培地で結構検出はできてはいるのですが、
 2の原因と組み合わさり、増殖しにくくなっている可能性は考えられます。


楽しいなあ。こうやっていろいろ考えるのって。

 というわけで、追試してみることに。

 今回は

 1.培地の種類を変えてみる。

  塩類の入った培地(標準+塩を入れた培地&BHI培地)を使ってみる。
 
 2.希釈してみる。
  失活剤として何を用いればいいかがイマイチよくわからない。
 (あったとしても私の身近で手に入らなければ使えないけど)
 したがって、今回はとりあえず希釈してみることにしました。
 希釈の倍率が上がれば、鼻水内の抗菌物質濃度が下がり、影響が少なくなるはず。
 その分菌数も希釈によって少なくなるけどね。
 願わくば抗菌成分が菌の生育を抑制しない希釈倍率で生菌数がある程度残っていてくれたらいいんだけど。
 
さて。問題は

娘の風邪が治ってしまったことかな。



母としては娘には健康に過ごしてほしい反面、moakoとしては「黄色い鼻水〜★」と思ってしまう今日この頃です。
娘よ、スマン。

あ、別に私が風邪ひいて、黄色い鼻水出せばいいんだけどね。
なかなか風邪ひいても黄色い鼻水でないんだもん。

この試験、いろんな意味でなかなか難しいな(笑)
というわけでまた追試したらお知らせします。
posted by moako at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月27日

さらさら鼻水とあおっぱな 結果編

寒い日が続きますね。
このまま冬に突入しちゃうのかな。

さて。前回の、さらさら鼻水とあおっぱなの菌を見た実験。
結果がこちらです。



まず、

@ 私の鼻水。(さらさら)


    101127_1720~0001.jpg

            うん。お花畑。
 
 いろんな種類の菌がいるようです。
 バチルスっぽいのもいるなあ。最近納豆食べたからかな??

 サラサラの鼻水にはいろんな菌がいるんですね。


A 娘の鼻水 (あおっぱな)

   101127_1720~0002.jpg

         !!!
   あれっ? あんまり菌がいない??

  
 あおっぱな=緑膿菌 緑膿菌わさわさ〜!!を予想していた私としては意外な結果です。
 緑膿菌が出ないとしても、もっと数えきれないくらいの菌が出るかと思ってました。

 意外だったのでもう一度採取してみたけど…
  
   101127_1721~0001.jpg
      やっぱりおんなじような結果でした。

あおっぱな=白血球が細菌を闘った後の死骸 ということなので
菌ももう共倒れして菌数が出ないってことなのかなあ??

ということは、鼻のもっと奥の方から採取したら、また別の傾向があるかもしれないですね。


・・・鼻の奥に綿棒突っ込んだら、きっと娘はキレるだろうなあ・・・(笑)
くしゃみをするのを待つか(笑)



というわけで、次回は顕微鏡でどんな菌か見てみたいと思います。
posted by moako at 20:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月21日

サラサラ鼻水とあおっぱな。

寒くなってきましたね。
ファンヒーターやエアコンの火入れをいつにするか悩む今日この頃です。
あれをつけ始めると、一気に電気代が跳ね上げるんだよなあ…

このところ、blogの更新は滞り中。
そろそろまた復活を、ということで、簡単な実験をしてみました。

以前こんな記事を書きました。
「最近はあおっぱな垂らした子ども見ないよね」
http://lovelykin-kin.seesaa.net/article/12838297.html

この時、青っ洟の原因について、緑膿菌じゃないと書きましたが
それからいろいろ調べてみると、やはり緑膿菌の影響はあるようです。

では、実際に調べてみようということで。

しかし、最近あおっぱな垂らした子ども見ないからどうしようかな…
と思ってましたが




いました。




娘(2歳)!!


めちゃ垂らしてます。


この時期は、常に鼻水とお友達。
くしゃみをするたびに、びろーーーーーん!と青っ洟が豪快に出てきます。
保育園児は、ウイルスや細菌と常にお友達なので、青っ洟率がとても高いです。

というわけで、鼻水のふき取り試験をしてみました。

対象は、青っ洟が出ていない私の鼻水。
ちょっと透明な鼻水が出ています。

綿棒を用いて、2人の鼻孔内をふきふきしました。
で、それをいつものように標準寒天培地上にまきました。


現在培養中。


しかし、どうやって定性しようかなあ…。
コロニー判定と顕鏡以外に何かいい方法がないかなあ。
現在思案中です。
posted by moako at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月03日

瀬戸内国際芸術祭 総括。

11月になりました。
瀬戸内国際芸術祭も10月31日をもって、閉会しました。
最終日が日曜日だったので、ギリギリまで島めぐりしてました。

31日は
岡山→高松(大島のチケット取れず)→直島(奇跡的に南寺観賞)→宇野→豊島(八十郎さんち)→宇野→岡山
と目いっぱい一日移動してました。

最初にパスポートを買うと言った時は

「えー。いくのー?ホントに行くのー?」

と全く乗り気でなかった旦那。きっと、そんな旦那を宥めすかしながら1、2島廻れればいいかなと
思っていたのですが

結果

   101103_2216~0002.jpg
  ほぼすべて回ってるし。



「えーーー。雨降ってるじゃんー!行くの――?」

とぼやく私をなぜか旦那が宥めすかしながら、毎週のように島めぐりをしました。

行けなかったのは、豊島美術館と大島でした。

子連れだったので、機動力皆無で、のんびりのんびりペースだったので
1日1島見るのが限度。それでも見切れなくて、何度か足を運んだ島も多いです。

さて。
この旅で役に立ったのは、ネット上の情報。
公式ページがリアルタイムに情報発信をしてくれていたので、
混雑情報などを事前に知ることができました。
また、mixiやtwitterなど、非公式の情報もかなり参考になりました。
ネットを使いこなせる若者など、情報を事前に得ることができた人には有利だったのではと思います。

島々では、その島ならではの個性的な雰囲気がありつつも
瀬戸内海全体としてのゆるい繋がりとしての雰囲気もあって
のんびり回ったのはある意味正解だったかなと思います。

最初はアート=なんじゃこりゃ?!だったけれど
だんだん楽しめるようになってきました。
最初にみた作品をもう一度見たら、また印象が違うかもしれない。

何度かお会いしたこえび隊の人に声をかけてもらったり、
豊島の人に別の島でお会いしたり、
小豆島で知人が農村歌舞伎をしていたり、
全く知らない人と話に花が咲いたり、
島のおじいちゃんと立ち話したり、
アート体験と同じくらい出会った人との思い出が残る旅でした。

当初の目標人数の3倍もの人が来たということで
企画としては大成功だったのだと思います。
しかし、そのしわ寄せが来ている部分と言うのも確実にあるようで、
その部分が今後、どのように解消され、今後に続いて行くのか見守りたいです。

ともあれ、芸術的センス&要素が全くない私たちに「アートも意外と面白いやん!」と思わせてくれた
この企画と、島々の皆さん、スタッフ&こえびの皆さんに感謝しつつ
このパスポートをプレゼント応募に出したいと思います(笑)

    101103_2216~0001.jpg

年内中は、地中美術館と豊島美術館はパスポートで見れるそうなので、
豊島には少なくともあと一回は行かないといけないなあ。
八十郎さんちのネコ、また撫でたいなあ…

       101103_2215~0001.jpg
        八十郎さんちの豊島タワー展望記念スタンプ。
    豊島タワーの上で、夜にこっそり日本酒のみながらまったりしたい。
           降りるときに、足を踏み外しそうだけど。
posted by moako at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

愛の告白。

寒くなりました。
この寒さなのに台風が来ているという、なんともまあ不思議な状況。
気候の変化がデジタルですな。
暑い→寒い!みたいな。ファジー機能(死語?)は付いていないようです。

さて、ずいぶん前に、twitter上で「生物学的告白の仕方」てのが流行りました(ごく一部で)。
私は乗り遅れたんだけど、まとめサイトを発見。
http://togetter.com/li/53571

どれも素敵だったんだけど、中でも1番人気だったのはこれ。

「 大腸菌でプレートにI love youと書く  」



こんな感じ??

   101020_1659~0002.jpg
    ちなみにこれはS.aureus(黄色ブドウ球菌)ね。

長いこと忘れて放置してたら培地がカピカピになってもうた(泣)
培養して、こんなの出てきたら、ちょっと鳥肌立っちゃうかも(いろんな意味で)



悪い例。

   101020_1659~0001.jpg
コロニーが広がってしまうラフ(R)型の菌で書くと、読めなくなります。
これはバチルス.spと思われます。なんだろ。
ちなみにカビも広がるから不可。

  101020_1659~0003.jpg
     コンタミは、なんかちょっと残念な感じ。


   101020_1659~0004.jpg
          ・・・。しかもコンタミしてるし。


微生物で絵を描くのって面白いね。
環境菌を培養していると、予期せぬコロニーが生えたりして
それが思いのほか綺麗だったりするんだよね。

そして綺麗に写真に残せばちょっとしたアート。

私にもう少し写真の技術があれば、この感動を皆さんに分け与えられるのに、残念です。


以下はアートと微生物の融合のページ。
すごいっす。

ガラス製のウイルスたち。こうやって見ると全く生物らしくないなあ。
http://grinding.be/category/bacteria/

この人たちはいったい何者なんだ?!
http://www.microbialart.com/galleries/igem-team-osaka/
posted by moako at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月24日

瀬戸内国際芸術祭 直島編

10月もあと10日切っちゃいました。
瀬戸内国際芸術祭ももう大詰めです。
そんな中、直島に行ってきました。

この瀬戸内国際芸術祭の本丸ともいうべき直島。
この島は、もう十年以上前からベネッセの美術館があり、国内外からアートの島として有名です。
ほぼすべての作品が恒久展示ということもあり、今回はリストから外そうかとも思ったのですが、
行ってまいりました。

いやあ。すごい人だったよー…。


ここは、地中美術館と南寺(みなみでら)は整理券を配布していて
その整理券がないと入ることができません。
そのため、この島に降り立ってまずすることは、整理券をgetすることです。
しかも、港からその場所までは結構あるので、バスに乗って行かないといけなかったりして結構大変。
そして、整理券をゲットしたらその待ち時間を利用して、近くの作品なんかを見てまわる、ってのが
効率的な観賞方法らしい。

実は1回の訪問で全部見切れず、2回に分けて訪問しました。

1回目に行った時は9月末の日曜日。
2時のフェリーで到着した我々はやっとのことで地中美術館の整理券を手に入れることができました。
当然、南寺は取れず。

2回目に行ったのは10月中旬の日曜日。
その時は、11時のフェリーに乗ったにもかかわらず、南寺の整理券は取れず。
どんだけ混んでるんだ!!(私もその混雑の一人だが)
とにかく、会期が終わりに近づくほどに、人もどんどん増えてます。
2回に分けても結局全部見れてないし(笑)


それにしても。直島は本当にアート慣れしている。

地中美術館付近
は洗練された非日常の空間が整備されていて
田舎ではなくアートリゾートな空気が漂っている。
田舎者がうろうろするのはちょっと気が引けるくらい。


対して、南寺がある家プロジェクト付近は古い町並みの中に作品があるんだけど
町の人たちが観光客にとても寛容だ。
一つ一つの家にちょっとしたアート的置物が置いてあったり、
路地ごとにかわいいcafeがあったりする。
中でもかわいいなと思ったのは、家の屋号をしるした表札を掛けていること。
この表札はデザインが統一されていて、この街をあげて「こういうの好きよ!」みたいな空気が伝わってくる。

直島で気になった作品

@ベネッセハウス
 二度目に行ったときにパークの方のツアーに参加しました。
 このツアーは300円で、これに参加するとハウス内の宿泊者しか入れないゾーンに入れる上、
 その作品の背景等をスタッフの方が丁寧に説明してくれます。
 娘が騒いだのであまりちゃんとは聞けなかったのですが、
 作品ができた背景や、その技法、裏話なんかを聞くと、同じ作品がよりクリアに見える気がします。
 オススメ。 

    lovelykin-kin-2010-10-23T15-01-33-3-thumbnail2.jpg
    
 
A地中美術館 
 実はあまり覚えてない。静かで暗い空間が多くて、娘を連れての観賞にはちょっと早かったかなって感じ。
 でも、モネの部屋はよかったなあ。
 モネの絵って近くで見たら結構タッチがあらいのに、はなれていくと、すごく繊細に見えはじめる
 地点がある気がします。
 地中美術館の外にはモネの庭もあり、そこで写真を撮ると、ホントにモネの絵みたいになってびっくりしました。
  
  101003_1508~0001.jpg
  地中美術館近くの李禹煥美術館にて。
   http://www.benesse-artsite.jp/lee-ufan/index.html

B家プロジェクト 「碁会所」 須田悦弘
  http://www.benesse-artsite.jp/arthouse/gokaisho.html

 この人は、自然物を木で本物そっくりに作り上げる精巧な作品が特徴。
 家プロジェクトも1つ作品を出していて、一番こじんまりした作品だった。
 実は、この人の作品を知らずに、ガイドブックで写真を見た私は
 「この椿、枯れて腐らんのかな?いつ交換してるんだろう?」と思ってたのですが、
 腐りません(笑) 木だもん。

 しかも、これは見落としがちなんだけど、畳に部屋に置いてある「はいっちゃだめ」の竹の
 柵、これも木でできてます。
 2つあって、1つは本物の竹で1つは木でできた竹だと聞いて
 近くでマジマジとみたけど、ホント区別がつかないくらい精巧。

 この人の作品はベネッセハウスにもあって、壁の隙間から草が生えてるのかと思ったら「雑草」という作品なのだ。
 事前に調べずに行ってたら、見落としてしまいそうな作品です。
 さりげない、しかし、かなり存在感のある作品でした。

結局、タレルの作品である南寺は見れなかったけれど、まあ、いっか。
直島の作品は、ほとんどが恒久作品なので、芸術祭が終わっても見ることができます。

ベネッセハウスは宿泊施設でもあって、いくつかのゾーンに分かれています。
スタッフの人たちも本当に洗練されてる!って感じです。
1度くらいは泊ってみたいなと、思う反面、
同じ値段の温泉宿とどっちに泊まる?と聞かれたら

・・・・温泉宿かな…。

まだまだアートにどっぷりとはいかないようです。

   101017_1251~0001.jpg
   直島といえば、かぼちゃ! 近くで見ると少し毒々しい。

   lovelykin-kin-2010-10-23T15-01-33-5-thumbnail2.jpg
                  赤かぼちゃ。

  101017_1616~0001.jpg
  赤かぼちゃの中には入れるんだ。知らなかった。
posted by moako at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。