2013年04月25日

ペットボトルを直飲みしたら? 準備編。

突然ですが、先日、

生まれて初めて

バリウムを飲みました!

会社の健康診断で、35歳からもれなく胃の検査がついてくるのです。


いやー。

moako、もうそんな年か
がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)!!!


というわけで、初めての私のためにベテランの方々が次々にアドバイス。

  「不味いバリウムを一気飲みやでー。」
  「げっぷが耐えられない上、出たらもう一杯追加やでー。」
  「バリウムの前に、筋肉注射打たれるでー。」
  「終わった後には白いう○こがでるでー。」
  「下痢するでー。しかも出なかったらかき出されるでー。」


もういいです。そんな恐ろしげな事前情報ばっかり。

というわけで、おそれおののきながら初のバリウム検査に臨んだのでした。

結果からすれば、事前情報は概ね正しかったのですが、

皆、大げさに言いすぎ!(当社比1.5倍くらい)

しかしまあ、それのおかげかどうかはわかりませんが、
それほどのサプライズもなく、無事に検査を終えたのでした。

検査台の上で、言われるがままに寝ころんでグルグル回らされている図は
ちょっと客観的に面白くて、笑ってしまいそうになりました。
(でも笑ったらげっぷが出そうになる。)

そして検査後、下剤を渡されて、たくさん水分を取ってバリウムを排出するように言われます。
たくさん水分を取ってバリウムを薄めないと、お腹の中で水分がなくなって
カチカチになって、出なくなっちゃうらしい。

そりゃー大変だ!
というわけで、たくさん水分を取ることにしました。

そして、ついでに1つ試験をしてみることにしました。

題して
「直飲みしたペットボトルを放置すると、どれくらい菌が増えるのか実験!」です。

というわけで、水分補給(&実験)のためのペットボトルをたくさん買ってきました。

  写真 2013-04-25 15 15 57.jpg

せっかくだからいろんな種類のがいいよね!

買ってきたこのペットボトルのそれぞれ半分を水分補給のためにmoako自ら飲む!!

そして飲み終わった後のペットボトルたちがこちら。

   写真 2013-04-25 15 48 22.jpg
        キツカッタ!!


お腹がパンパンです。でも、おかげさまで、バリウムは全部出ました(祝)

さて。ここからが本領発揮です!

これからこのmoakoが口をつけたペットボトルの菌数の経日変化を見て行きますよ!!
好ご期待。
posted by moako at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月11日

春だから〜実験開始! 冷蔵庫のプラズマクラスターの効果は 結果編。

春の海 
  ひねもすのたり 
       のたりかな

というわけで、毎日うとうとしていますがいかがお過ごしでしょうか。
暖かくなったり、寒くなったり、変なお天気ですね。

さて。
先日から行っている試験

冷蔵庫のプラズマクラスターの効果は?

いよいよ結果発表です。
「バシッとプラズマクラスターが効いているデータをお見せします!」
と神様(旦那)に宣言した手前、いい結果が出ていないと困る。


まずは、プラズマクラスターなし(30分)

  写真 2013-04-03 10 45 42.jpg 写真 2013-04-03 10 46 05.jpg
         0 CFU               7CFU


そして、プラズマクラスターあり(30分)

  写真 2013-04-03 10 45 26.jpg 写真 2013-04-03 10 45 03.jpg
         44CFU               56CFU



!!!!!!

大変です。

効いてない(泣)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)

なんと、プラズマクラスターありの条件の方が、菌数が多いという結果になってしまいました。
プラズマクラスターをONにしたときのみ、何か別のFANでも回って、菌が舞いあがってるのかしら…



しかし…


困る…

この結果を15,000円も多く支払った神様に見られてしまっては困る!


というわけで、(いまさらながら)メーカーのページを色々と調べてみるmoako。
http://www.sharp.co.jp/reizo/feature/pci/


浮遊カビ菌を除菌!

そして、ちっちゃい字で試験方法が…

浮遊カビ菌除菌効果(1000Lのボックス内での実験結果、実使用空間での実証結果ではありません。)
【試験依頼先】(財)日本食品分析センター
【試験成績書】第208020955-001号
【試験方法】1000Lのボックス内にプラズマクラスターイオンを放出し、浮遊カビ菌を当社がエアーサンプラーを用いて
      採取し、カビ菌数を測定(プラズマクラスターイオン濃度:吹出口200,000個/cm3)
【対象場所】冷蔵室内
【試験結果】40分で除去率99.4%

つまり、この試験では比較をするために、ボックス内に菌をまず噴霧しているわけです。
(カビ菌って具体的にはなんだろう?? 黄色ブドウ球菌とかかな??)
確かに、今回の試験では菌数が少なすぎて効果があるかどうかを判断するのは難しい。
(とりあえず、劇的な効果がないということは分かったけど)

しかし、流石に自分の家の冷蔵庫内で菌を噴霧して試験をする勇気はないな…



というわけで、結論。

『通常使用での冷蔵庫のプラズマクラスターイオンは落下菌には効果薄!』


しかし、なんだか悔しいので、今度は付着菌をみてみようかなと思っています。
何かよい実験方法やら資料やらがあったら情報もとむ!!!




追記

これらの結果を神様(旦那)に報告したところ
いたく真面目な顔をして、言うことには…

「きっと、青い光が出てるときがプラズマがオフになってるんだよ。だってカビって青い色だし…」


うん。
全くフォローになってない! むしろ逆効果!
posted by moako at 23:36| Comment(18) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月08日

春だから〜実験開始! 冷蔵庫のプラズマクラスターの効果は 実験方法編。

爆弾低気圧、凄かったですね。
我が家の前の公園の桜も峠を越して、あとは散るのみです。
花見のピークが週の中ごろに来てしまって、ちょっと不完全燃焼な花見シーズンでした。

そんな中、私は鼻風邪をひいてしまいました。
私だけでなく、家族総出です。
家中で、コンコン、クシャンクシャン、ズビズビとにぎやかです。
季節の変わり目、皆さまもおきをつけて!

さて。冷蔵庫のプラズマクラスターイオンは効いているのか。の続きです。

今回は

実験方法編。


まずは、通常の使用状態で何を期待しているかというと

「冷蔵庫内の空中浮遊菌を抑えて欲しい」

冷蔵庫にはいろんな食品を入れます。
食品によっては野菜や納豆など表面に菌がいるものもあるので、
FANの風で飛んだ表面の菌が、ふわふわ舞って他の食品につくこともありそうです。
できれば、そういうのを抑えてくれたらいいな。


というわけで、まずは落下菌を調べてみました。

   CA3A0773.JPG
              うちの冷蔵庫。
   今回はこの冷蔵庫内の最上段の棚に標準寒天培地を2枚設置します。


    CA3A0774.JPG
            こんな感じ。

    CA3A0775.JPG 

で、シャーレのふたを静かに開けて冷蔵庫をそっと閉めます。
今回は、30分間落下菌を採取してみました。


試験条件は

@プラズマクラスターあり
2か月ほどプラズマクラスターイオンボタンをONにしておいた場合に30分間採取。

Aプラズマクラスターなし
@の試験後、2日間プラズマクラスターを止めた状態にしておいた場合に30分間採取。

で行いました。

うちの場合、冷蔵庫の開閉は朝7時と夜6〜8時の間で多いので、
冷蔵庫の開閉の影響が少ないと思われる深夜2時ごろに試験をしてみました。(眠かった)

そして、只今、インキュベーターで培養中!
きっと、浮遊菌をプラズマクラスターイオンでバシバシ殺菌しているに違いない!

さて!結果やいかに??

お楽しみに!!!
posted by moako at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月01日

春だから〜実験開始! 冷蔵庫のプラズマクラスターの効果は?

お久しぶりです。
moakoです。

4月になりました。
今年こそは、バンバンとブログの記事を書いて…
このブログの書籍化を目指したいと思います。


え?エイプリルフール?

やっぱり??



というわけで、今年ものんびり行きますのでよろしくお願いいたします。
とはいえ、新年のご挨拶もしていないくらいご無沙汰ですので、その点は少々反省しております。

さて。長い長い冬眠から目覚めたmoakoが一体何をするかと申しますと、
久しぶりに家の中で実験をしようと思っています。

名付けて。

「冷蔵庫のプラズマクラスターは本当に効いているのか?」
です。

以前、空気清浄機のプラズマクラスターが実使用上ではイマイチ効果が薄いという論文を紹介しました。
http://lovelykin-kin.seesaa.net/article/297184853.html


それを読んで、実は私、かなり複雑な心境でした。

というのは、うちの冷蔵庫、

    CA3A0770.JPG
                     じゃーん!

このマークがついているということは…

そう!

プラズマクラスター搭載冷蔵庫なのです。


思い起こせば去年の夏、冷蔵庫がぶっ壊れてしまい、新しい冷蔵庫を買うことになりました。

我が家では、家電の購入は大体旦那の役目。
特に白物家電は私が使うのに、お金を出すのは旦那なので、自分の欲しい機種を購入するためには、
お財布を握っている旦那様=神様を説得することが必要です。
今回は、冷蔵庫が入るスペースが限られていたため、サイズでかなり選択肢が絞られ、
その中の有力候補に挙がったのが、我らがSHA○Pの冷蔵庫です。

普通の冷蔵庫とプラズマクラスター搭載冷蔵庫。
さて。どちらを購入するべきか。


旦那

「moakoやmoako。お前がほしいのは、この普通の冷蔵庫か?それともプラズマクラスター搭載冷蔵庫か?」


「はい神様(旦那)! 私が欲しいのは、この除菌も消臭もできるプラズマクラスター搭載の冷蔵庫でございます!」

と旦那を説得し、同じ型で約15,000円高いプラズマクラスター搭載冷蔵庫を購入させたのでした。
型番はSJ-PD17W。容量167Lの小型の冷蔵庫です。

   CA3A0771.JPG

冷蔵庫の最上段の奥になにやら怪しいスイッチがあります。
これが、プラズマクラスター生成器かな?

    CA3A0772.JPG
  スイッチを押すと、青い光を放ち、なんだか効いてるっぽい雰囲気を醸し出します。


旦那
「moakoやmoako。15,000円も高いプラズマクラスター搭載機を買わせたのだから、効果検証をするべきなのではなかろうか?」


「はい神様(旦那)! もちろんでございます。バシッとプラズマクラスターが効いているデータをお見せします!」


というわけで、購入から半年以上経って、やっと実験開始です。
まずは、落下菌でも取ってみますかね。
お楽しみに!!



久しぶりにblogを更新したら、画像の貼りつけ方を忘れてしまってました(笑)
どんだけ放置してるんだ。私。
posted by moako at 20:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月13日

iphoneで菌を数えてみた。

暮れも押し迫ってまいりましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
今年もあっという間に12月。早いですな―。
私も9月に仕事に復帰してからは、毎日をこなすのに精いっぱい。
気付けば年末になっておりました。
嗚呼、これから年賀状書いたり、大掃除したり、あれやこれやあれやこれやしなくては。

さて。
そんな中での現実逃避。

私moakoの手元に、ついにiphoneがやって参りました!


でも、まさかのiphone4なんだけどね!!!

知人が使っていないのを譲ってくれて、私もやっとスマホデビューを果たしました。
世の中はみんなiphone5だと言っているけど、気にしないもんねー。
初スマホのmoakoにとってはiphone4でも十分画期的ですから!!

というわけで、おっかなびっくりアプリを入れたり、写真を撮ったりしてます。


   iphone3.JPG
                       ほら!写真も綺麗!!!

今私が使っている携帯も機種変更した5年前は、随分画像が綺麗だと感じましたが
さらに世の中は進んでるのね!!(といってもiphone4なんだけど)
めちゃ綺麗!

さて。私moako、iphoneを手に入れたらぜひ試してみたいアプリがありました。

それは。

HG/生菌数カウンタ
http://www.hypergear.com/BIO/HG_colonycounter.html

リリース時の当blogの記事がこちら。
http://lovelykin-kin.seesaa.net/article/154726334.html

というわけで、早速無料版のアプリをダウンロードして、平板培地を数えてみました。

使い方はいたって簡単。

@黒い背景の上にシャーレを乗せ、iphoneで撮影。
Aアプリを立ち上げ、写真を選択
Bしばし待つ

 これだけで、あとはコロニー数を勝手に計測してくれます。
 コロニーを計測する範囲が黄色い線で囲まれ、検出したコロニーは赤色で表示されます。
 

    CA3A0700.JPG


 あとは、
C検出感度を変えたり、範囲を変えたり、コロニーを消したり追加したりする。
 これをすることで、より実際の菌数に近い値になります。
 細かいところも拡大して確認できます。

実際に何枚かコロニーを計測して、目視計測と菌数を比べてみました。
感度を一番低くして、コロニーの追加や削除をしなかった場合のざっくりした菌数との比較です。

その結果がこちら。

iphone2.jpg

菌数が少ないと若干、アプリの方が高く出る傾向があるかな。
    iphone1.jpg
グラフにしてみました。
目視計測と比較すると、
コロニー数が200までは正の誤差、200以上は負の誤差が出ているようです。
ざっくり計測した後で、コロニーの追加微調整することで誤差はもう少し小さくできると思います。
ただ、その作業が結構手間なので、実際に目視でカウントするのと微調整するのとでは時間はトントンかも…

というわけで、まとめてみると

メリット
 ・平板の写真データを残せる。
 ・ざっくりした菌数を早く計測できる。

デメリット
 ・正確に計測するための微調整に時間がかかる。
 ・写真の上手下手がデータに左右する

   ↑この項目、写真がへたなmoakoにとっては致命的だったりする…(泣)

ルーチンでざっくりした菌数を数多く測らないといけない場合には便利なアプリだなと思いました。
コロニーの色指定とかができたら、選択培地上の大腸菌群だけを測定!とか言う時にも便利かも。

でも、私は目視で実際のコロニーの色形やその割合なんかを見ながら数を数えるのが好き。
というわけで、気が向いたときに使ってみようかなと思いました。

ちなみに、無料版は処理できる写真枚数に制限があります。
それを越えると、パソコンにiphoneを接続してデータを削除しないといけません。
それがちとめんどくさい。
製品版はその制限がなく、写真データにテキストで情報が追加できます。
価格は2300円(ちょっと微妙)

興味のある方は是非どうぞ!
posted by moako at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月05日

恒例、ク―ラ―大掃除。

寒くなってきましたね。
今年もあともう1カ月を切りました。早いもんです。
12月なんて、ホントあっという間に過ぎちゃうんだろうなー。

寒くなってきたので、moako家では毎年恒例のエアコン掃除。
そして、毎年恒例のエアコン掃除前の

    CA3A0685.JPG
                      菌検査!

いやあ。相変わらず年代物のク―ラ―。今年もお世話になりました。

今回も、5分間エアコンの空気の菌を採取して、培養します。
ちなみに、掃除当番も毎年恒例の旦那の係です。

    イメージ 1.jpg
今年もこれの青タイプを使いました。
さて、このイラストのように今年は菌が「マイッタ!」ってなるかしら。

それでは結果をどうぞ。

     CA3A0691.JPG
                         掃除前。


    CA3A0692.JPG
                         掃除後。


               ・・・やっぱ増えてるじゃんよ!ドコモ提供ドコモ提供ドコモ提供


毎年やってるけど、微生物学的に綺麗になったことがないんだよなー。
以前もご指摘がありましたが、掃除によって、付着してた細菌やカビを浮き上がらせて、
それを撒き散らしているとしか思えないこの増えっぷり。

 2009年 クーラー冬支度 
   http://lovelykin-kin.seesaa.net/article/133127551.html

しかもこの時より初菌も増えてるなあ。。。  
でも、菌相を見ると、掃除前は色々な種類の菌が出ているのに対し、掃除後はほぼ単一のカビのみになっているところをみると
細菌に対してはある一定の効果があるのかもしれないです。
カビに対しては、効果が低いか、あるいはカビの発生場所、菌数の関係で、掃除によって表面に浮き出されちゃった可能性もあるかも。

そういえば、去年わんさか出た黒カビが今年は出なかったなあ。
エアコンの中でも政権交代があったのだろうか…
posted by moako at 02:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月08日

空気清浄機の効果は??

先日、復帰手始めに防菌防黴学会に行ってきました。

久しぶりの出張で私も大変でしたが、もっと大変だったのは私の子どもたち&おばあちゃんたち。
上の娘は主人の実家へ、下の娘は私の実家へそれぞれ別々に預けられ、初お泊まりを果たしたのでした。
2人ともなんとかかんとかクリアしてくれてホッと一息です。

防菌防黴学会は相変わらず大賑わいでした。
面白い発表がありすぎて、体一つじゃ全部聞き切れない!
ポスターも人がわんさかいて全部聞き切れない!

その中でちょっとショッキングなネタを1つ。

家電製品に付属するプラズマ装置でのウイルス不活化効果について

現在巷でいろんな種類の空気清浄機が販売されていますが、実際のところ、性能に関しての統一した評価基準がないため、
今のところ、各社が諸々の方法で検証・宣伝しています。
そのため、消費者が商品を選ぶ判断が難しいことから、有識者が2011年に「室内空気公共委員会」という
団体を作り、空気清浄機や室内空気に関する信頼性のある情報を発信していく、という取り組みがなされています。

今回の発表もその流れでのもので、巷でよく聞くプラズマ発生装置がついた空気清浄機がホントに効いているのかどうかについての考察でした。


簡単にいえば
プラズマでOHラジカル発生→OHラジカルは1/100万秒で過酸化水素に→過酸化水素は菌体内に侵入→
菌体内のFe2+やCu+と反応して再びOHラジカルが発生(フェントン反応)→連鎖的にフェントン反応が起きることで遺伝子情報が狂い殺菌

という殺菌メカニズムをとるのですが、
ウイルスにはFe2+やCu+がないため、理論上フェントン反応が起こらない。→ 不活化はできない。

という話でした。

えーーーー! えーーーーー! 
そ、そう言われれば…そうだなぁ…

なんて思っていたら、SHA●Pさんは
6畳という比較的大きな空間での付着&浮遊インフルエンザウイルスに
プラズマクラスターが効果があったというプレスリリースも出してました。
http://www.sharp.co.jp/corporate/report/pci_h1n1_2/index.html

というわけで、このプラズマVSウイルス論争、これから冬場のインフルエンザ時期に向け
動向が楽しみなのであります。
もちろん、フィルターがついている機種についてはフィルターでの除去効果はあるとのことでした。



そうこうしていたら今月号の環境感染学会誌にはさらにショッキングな記事が。

殺菌力を謳う各種空気清浄電気製品の塗布乾燥状態の細菌に対する効果の有無の検証

 
こちらでは、ナノイー、プラズマクラスター、エアーフレッシャーの3種の機種とも
0.2m3のボックス内での試験で付着状態の細菌(緑膿菌、黄色ブドウ球菌、セレウス菌)に対して、効果がなかったという内容でした。

セレウス菌はともかく、緑膿菌と黄色ブドウ球菌についてはもう少し頑張ってほしかった…



こちらも合わせて、今後の動向が楽しみなのであります。
こりゃひさびさに私も実験してみようかしら。

空気清浄機業界もこの冬、ひと波乱あるかもしれないですな。
ちなみに、moako家では、結局空気清浄機は導入せず、濡れ洗濯物での湿度制御のみで冬を越すことになりそうです。
posted by moako at 01:27| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月07日

長らくお休みしておりました。

お久しぶりです。
長らくお休みしておりましたmoakoです。

育児休暇のうだうだ生活は、うだうだしているうちにあっという間に終わり、
9月から再び、仕事前線に復帰いたしました。
いやー。長い夏休みだった。

下の娘も無事、保育園デビューを果たし、次女らしく図太いところを垣間見せております。
人見知りがなくて、だれにでもニヤニヤするので保育園でも人気者のようです。
上の娘も、赤ちゃんになったりお姉ちゃんになったりと日々忙しいご様子(笑)
なぜか妹の哺乳瓶を奪い取って、哺乳瓶で麦茶を飲んでます。なぜに?!

   
これからは微生物アンテナもだんだんと反応するようになると思いますので、またこちらもよろしくお願いします。
なんか面白いネタないかなー。

まずは、来週開かれる防菌防黴学会に参加して、微生物シャワーを浴びて来よう!!
posted by moako at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月06日

野菜にはどれくらい菌がいるの?? キュウリ編。

夏になりましたねー。

今年は雨が多くて、すっきりしない天気が続いてます。
暑すぎる夏も勘弁ですがそろそろスキッと晴れて欲しいですねー。

夏が近づくと、楽しみな物の1つ。それは夏野菜。
娘の保育園でも今トマトとキュウリがすくすくと育っています。
私の実家にも主人の実家にも畑があって、毎回訪れると食べきれないほどの野菜をもらいます。
トマト、ナス、トウモロコシ、ピーマン、キュウリ…
旬のものを旬の時期に食べるのはいいですね。

さて。特にうちの食卓で大人気なのは

    a03_013.JPG
         『キュウリ』


サラダには欠かせない野菜の1つです。
小腹がすいた時には切るだけでOKの主婦の味方。

しかしこのキュウリ、カット野菜業界では殺菌がしにくいということで厄介な野菜としても知られています。

理由としては
 表面に ・凸凹のいぼがたくさんあること。
       ・クチクラ層と呼ばれる水をはじく層があり水をはじくこと。
 などから、水で洗っただけではなかなか菌を減らすことができないからです。

では実際どれくらいの菌がいるのでしょうか。

野菜の微生物研究を行って行っておられる近畿大学の泉先生の研究によると

キュウリの果実の一般生菌数は1gあたり5.1logCFU(1gあたり約126,000個/g)。
部位で見ると、果肉に<2.4logCFU(250個/g)、果皮に6.1logCFU(1,260,000個/g)
つまりほとんどの菌はきゅうりの皮にいることになります。
特にイボに菌数が多い(残念ながら文献は見つけられず)そうです。

つまり、こんなかんじ??
  
       キュウリ.png
  
ということは表面の菌をやっつければキュウリの菌は結構やっつけられるということになります。

考えられる処理方法としては

1.薬剤処理
 次亜塩素酸ナトリウム、有機酸等に浸漬する。
 文献によると、次亜塩素酸ナトリウムにカットしたキュウリを浸漬した場合、
 90〜99%の菌を殺菌することができる(Log1〜2の減少)とのこと。

 注意
 ただ漬けるだけでは塩素の濃度をあげても時間を延ばしてもこれくらいの
 菌数減少が限界。
 これ以上菌数を落とすためには、食品用の洗剤で前処理したり撹拌や
 イボ取りなどの処理との組み合わせが効果的。

2.ブランチング 
 熱湯で軽く茹でる。
 菌がいるのは表面だけなのでさっと茹でるのが効果的。
 文献によると10秒間でも90%、1分間なら99%以上の菌が殺菌される。
 
 注意
 あまり茹ですぎると茹でキュウリになって食感が悪くなってしまう。


個人的には家で殺菌するならブランチングがオススメかな♪

こんな研究も見つけました。

加工・業務用にむけたいぼ無しキュウリの栽培について
http://www.pref.saitama.lg.jp/uploaded/attachment/368027.pdf#search=%27%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%82%A6%E3%83%AA%20%E8%8F%8C%E6%95%B0%27

微生物がキュウリのイボにかくれているなら、イボがなければいいんじゃない?
 
 へらぬなら なくしてしまえ きゅうりイボ。
  ってか?

いろんな観点から食卓の安全は守られてるんですな。

moako家ではどうしてるかって?
そりゃ、切りたてをちゃちゃっと水で洗って殺菌せずにそのままバリバリ食べてます。
すぐに食べるのが一番です(笑)
posted by moako at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月14日

FOOMA(国際食品工業展)に行ってきました♪

久しぶりの更新です。
育児休暇を満喫しているmoakoです。

6月に入り、moakoは東京に行って参りました。

子ども2人連れて。
新幹線に乗って。

いやー。キツかった。

目的は、こちらです。

FOOMA2012 国際食品工業展 in ビッグサイ
です。

bigsite.jpg
 
3年前の長女の育児休暇中も行ったのですが今回も参戦。
Fooma2.jpg
相変わらず広い。

国際食品工業展と言うだけあって、食品を作る機械、パッキングする機械、輸送用の機械など
様々な機械が展示されています。
普段はなかなかお目にかかることがないので、実際に機械が動いているデモンストレーションを見ると
かなりテンションが上がります。

今回面白いと思ったのは、ケーキやクッキー等の上に、任意の文字やデザインを描くロボット。
クマの絵を上手に描いたり、Happy Birthdayなどの文字を書いたりしていました。
デザインは自由に変えられるそうで、自分のオリジナルのキャラクターやメッセージをインプットしてやれば
オリジナルクッキーやケーキが簡単かつ大量に作れます。
時代は、同種大量生産→多種少量生産の時代なんですな。

あとは、小さな薬瓶に錠剤を上手に詰めてくれる機械も健気でかわいかったです。
私    「これ、薬入れるのを失敗したりしないんですか?」
説明員 「しますwww」
 するんかい(笑)
説明員 「失敗して内容量が異なる製品は、次工程で重量センサーで引っかかります。」
なるほどね。

私自身は仕事柄、衛生管理商品、特に殺菌用水の生成装置やその周辺機器が気になるところですが、
以前より出展数自体は減っている印象でした。
微酸性の電解水のブースがいろいろ新商品を出していて面白かったです。
頑張ろう水業界!

しかし、まあ、このFOOMA、子ども連れで歩いていると、いっぱいお菓子をもらえて楽しかったです。
焼きたてのどら焼きが美味♪でした。
そのなかで、一番すごいお土産は

あんこ約2kg(笑)

3泊4日の旅の初日にこれを渡され、さすがに途方に暮れてしまい、東京近郊から参戦した友人に
「食べて食べて♪」と押しつけました(笑)

鉄分過多の娘3歳は、今回の旅で新幹線にのり、ゆりかもめにのり、鉄道に乗っている間はかなり幸せだったようです。
「ゆりかもめにレールがあるかどうか、たしかめなくちゃ!」
となぜか突然使命感に駆られ、ちゃっかりゆりかもめの一番前の座席に陣取って大興奮で観察してました。
2日間、FOOMAに付き合ってもらった後は、少し足を延ばして富士急ハイランドにあるトーマスランドまでいき、
鼻血がでるほどトーマスを満喫したのでした。

 Tomas1.jpg
  富士急行線にはトーマスランド号なる電車も走ってるのです。
  中もトーマスだらけ。

 tomas2.jpg
         念願のトーマスランドに到着。 遠すぎ。

  tomas3.jpg 
              いらっしゃい。よくきたね。byトップハムハット卿

下の娘0歳は、まったくもって興味がない(当たり前)ので、始終眉間にしわを寄せて私たちに付き合ってくれました。
もうちょい大きくなったら、お返しに彼女の行きたい場所にも付き合ってあげないといけないですね。

というわけで、怒涛の東京旅行。
何とかなるもんですな。どっと疲れましたが。
posted by moako at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする