2017年01月30日

moakoの手が○○だらけの件について。

2月も目前。
年あけて、毎年恒例のインフルエンザが流行っております。

国立感染症研究所 感染症情報センターインフルエンザ流行レベルマップ
http://www0.nih.go.jp/niid/idsc/Hasseidoko/Levelmap/flu/new_jmap.html

9c8e0ccfa11da27212d900f2a022fbcb.png

真っ赤!!!
真っ赤だよー!!

ken_33.png
moakoの住む岡山市も周りから攻められ、陥落は時間の問題!!!


実は、今日、仕事をしていたら鳴り響く、娘の小学校からのお知らせメール。

「2年○組では、インフルエンザおよび発熱による欠席者が増加しているため、
 1月31日〜2月2日を学級閉鎖とします。」

娘の隣のクラス!!! 突然の学級閉鎖!!!

インフルが!!!そこまで来てる!!!



と恐怖におののいている今日この頃です。






さて、そんなこんなで、久しぶりにmoakoはちょっとした実験をしてみました。

インフルエンザはアルコールが有効!

インフルエンザは調べられないけど、手指の消毒にアルコールを使って、
まずはどれくらい菌が殺菌できるのか試してみようと。

早速、培地にmoakoの指5本の腹部分をスタンプさせて菌を採取した後、
手に75%アルコールをしっかりつけてもみ込み、乾くまで放置。
そして乾いたのち、もう一度スタンプしてその菌数を比較してみようと。

Before.jpg
  こんな感じ。(左側:アルコール前 右側:アルコール後)


24時間培養後。

写真 2017-01-28 14 48 18.jpg


!!!!!!??


前と後、ほとんど菌数かわらず。

moakoの手の上で・・・何かが起きている。


そう。


実はこの白く見える菌、おそらく全部芽胞菌。




moakoの手は芽胞だらけなのでした。


昔から、うすうすそうじゃないかと思っていたけど、やっぱり芽胞祭りだったか…

この芽胞、アルコールではほとんど死なないので、当然アルコール前も後も元気に生えてます(泣)

というわけで、



moakoの手に、本来のブドウ球菌を取り戻せキャンペーン!

この芽胞菌をどうやったら除去できるか試行錯誤してみたいと思います。





・・・・インフルあんまり関係なくなっちゃった。



・・・ま、いいか。
・・・みなさん、インフルエンザにはお気をつけて・・・
posted by moako at 16:51| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちょっと芽胞が多すぎるような、、、(^^;)
普段から手指消毒が多いからですかねぇ。
120℃で10分とか煮沸しますかね(w
Posted by Sekizuka at 2017年01月30日 19:07
大勢の人が利用する施設の入り口にアルコール消毒置いてあるけど、アルコール消毒も万能ではないのですね…。
アルコールでダメなら次亜塩素酸でもダメなのかしら??
Posted by がら at 2017年01月31日 14:11
Sekizuka さま
コメントありがとうございます。
昔から芽胞多めなんですよねー
駆逐するいい方法を模索中です。
常在性菌のブドウ球菌が芽胞に隠れちゃっているのかいないのかよくわかりません。
Posted by moako at 2017年02月02日 14:52
がらさま
コメントありがとうございますー
基本的にはアルコールは、ノロや芽胞にはあまり聞かないんですよねー。最近は、アルコールでもいろいろ工夫してノロにも効くやつが出てきてますが。

次亜塩素酸…専門なので試してみます(笑)
Posted by moako at 2017年02月03日 09:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446480319

この記事へのトラックバック