2017年01月05日

2017年!明けましておめでとうございます!

新年!あけましておめでとうございます!

酉年!!!

去年は、3月以降、ブログが静かーーな状態でしたが、
今年はもう少し、元気に頑張ろうと思います ←毎年言ってる。


昨年末は、ノロウイルスが猛威をふるい、もちつき大会自粛のニュースが流れましたが、
moako家では、一家総出の餅つきが、滞りなく取り行われました(笑) 

写真 2016-12-30 10 58 29 (1).jpg  写真 2016-12-30 8 37 52.jpg
こねくりまわした餅は、自分で食べるように。


餅つきで恐れられている『ノロウイルス』は、10個から100個のウイルスが、口の中に入ることで
嘔吐下痢をはじめとする症状が発生する、極めて感染力の強いウイルスです。

ちなみに、患者の糞便や嘔吐物には1gあたり、10万〜10億個のウイルスが含まれるとのこと。
つまり、目に見えないほどの微量の糞便や吐物が原因で感染が広がる、やっかい極まりないウイルスなのです。


そのため、ノロウイルスに感染して、手にウイルスがついてる人が、餅つきで

写真 2017-01-05 9 18 16.png
こんなことしたり!

写真 2017-01-05 9 17 10.png
こんなことしたりしたら!!

大変なことに!!!!


餅 一 臼 全 滅 !!!


しかも、つきたての餅はそのまま火を通さずに食べることも多いため、
大規模な食中毒になりやすいというわけなのです。

よって、餅つき大会をする場合は、

 ・嘔吐や下痢をしている人、家族にしている人がいる人は、お餅に触らない
 (自分の食べる分ならまあOKかな)
 ・餅つきをする場合は手洗いしてから。
 ・餅の切り分けや返し手の人は手袋。

などのポイントを押さえる必要があると思います。


せっかくの日本のお正月の風物詩、なくなってしまうのはもったいないですので、
大規模食中毒を起こさないよう、楽しんでもらいたいと思っています。


このサイキンのオハナシも、書き始めてもう10年以上が経過しました。
以前は、細菌マニアな人々が集って、むふふと楽しむだけのブログでしたが、
最近は、SNSの影響からか、多くの人が遊びに来てくれるようになりmoakoとしてもうれしい限りです。

除菌業界で仕事をしているので、普段は菌を殺してばかりですが、
菌は巷にあふれていて、共存しているんだということを伝えつつ、
人に対して悪さをする菌については、傷つけられないようなお付き合いの仕方を
面白おかしく解明していけたらと思っています。

相変わらず、菌好き、ウイルス好き、カビ好きのmoakoを、本年もよろしくお願いしまーす!
posted by moako at 20:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あけました!
今年もひっそりとお邪魔させていただきます(笑)
また面白い実験を期待しております。


インフルエンザ、ノロウィルス…この時期の風物詩みたいになっていますよね。
黙々と手洗いうがい次亜塩素酸を帰宅後に徹底する毎日です。
Posted by がら at 2017年01月06日 12:50
>がらさま
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

ホントに、この時期は戦々恐々です。
保育園児&小学生が何をもらってくるか、毎日ドキドキしております。

今年もなんか面白いこと思いついたら実験します!
気長にお相手をお願いします♪
Posted by moako at 2017年01月10日 13:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445571486

この記事へのトラックバック