2016年02月04日

包丁の菌数 菌は刃じゃなくて「ココ」にいる。(お久しぶりです)

あけましておめでとうございます。
moakoです。

っていうか、お正月どころか、すでにもう節分も過ぎてしまいました。

昨年のジャーサラダから、ながらく更新をサボっておりました。
もうやめちゃったんじゃないかという心配の声をいただくようになり
主人からは週1で「更新しないの? ねえ、もう更新しないの?」
とプレッシャーを掛けられるようになってきたので、
そろそろまた復活です。

まずは、肩慣らしに小ネタから。



昨年秋、仕事で小さな子供のいるママさんを対象に、微生物の話をする機会をいただきました。
まさに私がやりたいな!と思ってた仕事!

普段は、自分の仕事で扱っている商品やシステムの話をすることが多いのですが、
今回は「おうちの中の微生物」ということで、中立的な内容で話をすることができて
私自身もスライドを作るのが楽しかったです。
過去の「サイキンのオハナシ」の実験が相当役にたちました。


その中で1つ新たに付け加えた小ネタ実験をご紹介。

家庭の台所の中で、気をつけたほうがよい菌の潜伏場所について調べていたら、
なるほどな、という例がありました。

「包丁」

皆さん、包丁どうやって洗ってますか??

スポンジに石鹸を付けて…
刃をゴシゴシゴシ…
そして包丁立てに立てて、次使う時まで保管。



そんな包丁ですが、包丁の菌分布を調べていると、

ココに多いという事が書いてありました。
      
   包丁1.png
              付け根。


刃と柄の付け根。

確かにココって、私もそんなに気をつけて洗ってない気がする…

というわけで、包丁の菌検査をしてみました。




まずは、moako家の包丁。
かれこれ20年近く使ってます。

    IMG_4308.JPG

普通にスポンジでいつもどおり洗った後に…


     包丁2.png
@刃の部分
A刃と柄の付け根の部分
B柄の部分
を綿棒で拭きとって、いつものごとく一般生菌数を測定してみました。



結果

@刃の部分
刃.jpg

A刃と柄の付け根部分
付け根.jpg

B柄の部分
柄.jpg
芽胞でてる…毎日食べてる納豆菌かな…?


というわけで、刃の部分と比べて、柄の部分や刃と柄の付け根部分が菌が多いようです。

考えてみれば、柄の部分も持ったままスポンジで刃の部分を洗ってるわけだから
普段あんまり洗ってないわ(笑)



つまり、

柄を持ってスポンジで刃をキレイに洗う。
(この時、柄には手についていた菌などが付着している)
 ↓
洗い終わった包丁の柄を上にして立てかける
 ↓
柄についていた菌が水滴を伝って、柄と刃の付け根→刃の方へ
 洗いにくい&乾きにくい柄と刃の付け根で菌が増殖することも。


という感じなのではないかと。

うちの包丁はプラスチックなんだけど、柄が木でできてたりすると
さらに菌が出そうです。乾きにくそうだし。





というわけで、包丁を洗うときは、柄とその付け根も洗いましょう^^

最近は、柄と刃の一体型の包丁も増えてるんです。
洗いやすく衛生的なので、食品工場なんかではよく使っているみたいですね。





【あとがき】
moakoが冬眠している間に、ちまたではまた色々な食品が流行ってますね。

去年はジャーサラダを取り上げましたが、今年もまた流行ってますよ。
玄米豆乳ヨーグルト」。

正直、作り方を聞いただけで、お腹を壊しそうでしたが、近々挑戦してみたいと思います。
幸か不幸か玄米あるし(笑)

菌数だけじゃなくてpHも測った方がいいな・・・最後は食べないとダメかな・・・
posted by moako at 01:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。
新しい記事をお待ち申し上げておりました♪

包丁の柄の部分、なんか汚いな…と思っておりました。だってなかなか乾かないし、柄と刃の接合部っていつも湿っているから気になってました。
ちなみに鍋の柄とか接合部も結構気になるのですよね…。

ちなみに我が家は包丁は寝かして水切りします。
これは少数派なのかしら?
Posted by がら at 2016年02月09日 11:52
>がらさん
コメントありがとうございます。
実際、ほとんど洗ってないことに気付きました(笑)

うちは食器洗浄機にかけてるから、まあ・・・いい・・・かな・・・・?

包丁寝かして水切り、いいですね。
うちは、シンクの下の包丁たてに立ててます。
Posted by moako at 2016年02月11日 10:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック