2015年05月29日

今流行の「ジャーサラダ」 実際の菌数は? 実験編@

暑いです。
5月だというのに、もうエアコンつけちゃいました。
あまりの暑さに、次女(3歳)は公園ですっぽんぽんで水たまりでクロールしてました。
ワイルドだろぉ〜


さて、ジャーサラダの試験の続きです。


ジャーサラダ 1日目。
昨日作ったジャーサラダのうち2本を冷蔵庫から出します。
 
外に出した段階で、ガラス瓶の表面に結構汗かきます。
そのままかばんに入れたらビチョビチョになりそうだなー。

朝出して、昼食べることを想定して、常温でおく時間は6時間に設定。
室温(20〜25℃くらい)にして6時間経過後に、全量すべてをすりつぶして、
一般生菌数と大腸菌群数を調べてみることにしました。

1日後の野菜の様子。

1day.jpg osuari1day.jpg
      酢なし              酢あり

まだ、食べれるかな。
蓋を開けてにおいを臭ってみたけど、まだ「野菜」のにおいです。
酢を入れた方は、ほんのり酢の臭いがします。
菌数はおさえてくれそうだけど、傷んでてもニオイじゃわかりにくいかも。

冷蔵保存だったから爆発的には増えてないとは思うけど、菌数の王様キュウリが
入っているのが気になります。


ちなみに、ジャーサラダに入れる前の野菜の菌数の結果がでました。

一般生菌数  3.0×10の5乗 CFU/g  (1gあたり 300000個)

大腸菌群数  5.0×10の1乗 CFU/g  (1gあたり 50個)
(※大腸菌は検出されず) 



 control10-1.jpg
   一般生菌数(10倍希釈分)

つまり、いくら瓶を洗浄しようと煮沸しようとハイターにつけようと、

野菜自体にもいっぱい菌はいるということを再確認。

もちろん、これらが全て有害かというと全然そういうわけでもないし、
日頃から私達は、これくらいの菌数なら元気にモリモリ食べているということなのですが、
今後、ジャーサラダという特殊な環境の中で、どこまで菌数が増えるかというのは
moakoも気になるところであります。

では、5日後のデ-タをお楽しみに。
posted by moako at 20:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おお!そこそこ居ますね。
でも大腸菌は居なかったのね。

5日後が楽しみです♪
Posted by がら at 2015年06月01日 11:30
>がらさん
大腸菌はいなかったです。
大腸菌群はいましたけどねー。
菌数的にもまあ、こんなもんかなといったところでしょうか。
Posted by moako at 2015年06月02日 12:11
久々に覗いてみたら、楽しそうなことしてますね。
結果楽しみにしてます。
Posted by ももんが at 2015年06月02日 12:21
>ももんがさん
コメントありがとうございます。
ちょっと流行りには乗り遅れた感はありますが、これから暑くなるし、実験の時期的には調度良かったかもしれません。
結果をお楽しみに^^!
Posted by moako at 2015年06月03日 02:34
対照実験がないですね。
ふつうにお弁当箱にサラダを詰めて、
6時間後の菌数を測ったら、
ジャーサラダより多かったりして?
そうなると結論が真逆になりますね。
Posted by qph at 2015年06月04日 20:12
>qphさま
コメントありがとうございます。
今回は、あくまでもジャーサラダという形態での菌数の推移を見たかったのでこんな形の試験になりました。
普通のお弁当にサラダを詰めた場合も、当然ジャーサラダ同様のリスクはあると思います。
Posted by moako at 2015年06月06日 16:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック