2015年05月23日

今流行の「ジャーサラダ」 実際の菌数は? 

春ですね。
いや、初夏ですか。
だんだん暑くなってきましたね。

ところで、皆さんは「メイソンジャー」って知ってますか?

ところで、最近テレビを見ていなかったので、
巷で人気の「メイソンジャーサラダ」を先週初めて知りました。
近くの雑貨屋に行ってみたら、確かに売ってた。

「メイソンジャー」
アメリカのBALL社のガラス保存容器で、蓋がダブルキャップ構造になっていることから
密閉性が高いことと、煮沸消毒ができるのがポイント。

このメイソンジャーに、サラダを詰めてランチに持っていくというのが
いわゆる「ジャーサラダ」で、巷で今、流行っているんだって。

こんな風に。

0aadde8d76d88fd41efccf3ac1165b5d_s.jpg

確かに、カワイイ。

このジャーサラダ。冷蔵保存で5日間は保存が効くとのことで、
アメリカでは、朝食やランチ用にと、1週間分を週末にまとめて作る人が多いとのこと。

作り方を見てみると、
長持ちするように、きちんとジャーは煮沸消毒するようにとか、注意事項はあるのですが、

しかし、そもそもmoakoが思うに、

生野菜自体にも菌はいっぱいいますから!!!

どんなに容器を滅菌しようと、生野菜の菌を滅菌することはできませんから!!

(参考・過去記事)
野菜にはどれくらい菌がいるの?? キュウリ編
http://lovelykin-kin.seesaa.net/article/279266533.html

もちろん、キュウリだけじゃなくて、ほかの野菜にも微生物はもともといます。
また、多くの野菜の場合、菌は葉っぱや実の表面に、菌が偏在しているのですが、
カットすることによって、その表面の菌がそれ以外の部分にも付着し、
内部の野菜の浸出液(汁)を栄養分として、増殖してしまうという側面もあります。

市販のカット野菜やお惣菜を作っている工場が、どれだけ苦労して、カット野菜の
菌数を低く維持しているか・・・


…。


やるか??

というわけで、恒例の実験。

「ジャーサラダ、実際の菌数はどれくらい?」

次回は、実験準備編です。

posted by moako at 15:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうそう、流行ってますよね。
生野菜、ただでさえ気を付けて食べているのに、たとえ消毒済みでも5日間も置いておくなんて狂ってる!!
…とメイソンジャーを切り捨てたあたし。
母には「潔癖症なの?」と言われる始末(笑)

実際の菌の量が気になります!
Posted by がら at 2015年05月25日 13:47
>がらさま
コメントありがとうございます。
消毒済みといっても、家庭でできる消毒には限界がありますしね。
私もズボラですが、ズボラだからこそ長期の保存は怖い今日このごろです。
Posted by moako at 2015年05月26日 12:03
はじめまして。
久しぶりに覗いてみたら、前々から気になっていた話が!
アメリカでは給湯器のお湯で粉ミルク溶かす人もいると聞いたので、メイソンジャーの作り置きも『よっぽどお腹が強いのか?』と思いました。
Posted by konoha at 2015年05月31日 17:12
>konohaさん
コメントありがとうございます。
アメリカでも食中毒でたりして問題になってるみたいです。
すぐ食べるならともかく、常温で持ち歩くのはおすすめできないですよね。
Posted by moako at 2015年06月02日 12:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック