2013年05月25日

ペットボトルを直飲みしたら? あとがき。

まだ5月だというのに、連日30度近い気温の日々が続いていますが、
皆さまいかがお過ごしでしょうか。
今からこんな調子じゃ、真夏は一体どうなっちゃうんだか。

さて、夏が始まる前にジュースの試験も終了です。
真夏に同じ試験をしてみたら、もっと菌がわっさー!と生えたデータになったでしょうね。

今回のペットボトルで直飲み試験ですが、
似たような試験はちゃんとした研究者によって、今までにも結構行われています。

例えば

小型ペットボトル飲料を唾液および手指で汚染させた時の細菌数の変化

 この試験では、水、お茶、果汁飲料、乳酸飲料、スポーツ飲料を直飲みした場合の、
 ペットボトル内の菌数を見ています。(ただ、最大時間が20時間までの条件)
 moakoの試験と似ている点は、初期には果汁飲料からはあまり菌が出なかったところ。
 (でもmoako試験では、20時間を越えた後に激増してますが)
 相違点としては、水や緑茶も結構菌が増えてる点。


小型ペットボトル飲用使用における安全性の検討

 これは、水、お茶、スポーツ飲料の3種類を直飲みして、常温と冷所に置いた試験です。
 常温に置いたお茶と水が10時間後位から激増したのに対し、
 冷所に置いた場合は72時間の間でもあまり増えていません。

2つの試験ともスポーツ飲料はあまり菌が増えてませんでした。ちょっと意外。


他にも、国民生活センターでは標準株の菌を混入させて試験されています。
http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20000406_1.pdf
菌の種類によって、挙動が違っていて面白い。



上2つの論文で、判断基準として用いられている水質基準は、

 水道法に基づく飲料水水質基準値 
 清涼飲料水の製造基準 

で、いずれも 一般生菌数 100個/ml以下 です。

ただまあ、moakoの試験では口をつけた時点でその基準をドボンしちゃってるので、
ペットボトルで直飲みしちゃダメ、みたいなおかしなことになってしまいます。
そもそも口腔内の唾液には1ml中に1億〜10億個の菌がいると言われているので、
飲料を飲むと、唾液と口腔細菌も一緒に飲んでいるわけですから。

今回の試験の場合、moakoなりに判断するとすると、
初期に混入した菌数から明らかに増加に転じているのは4日目以降。
2日目までは初期菌数とほぼ同じで推移しています。

というわけで、moakoが飲むならば、室温(20℃程度)ならば2日目まではOKと判断します。
逆にいえば、夏場は2日にはもっと菌が増えてるだろうからアウトだろうなー。その日のうちには飲み切らないと。

また、一般的に、食品の一般生菌数が10の7乗〜10の8乗個/gとなると官能的に(ニオイ、味、見た目など)
腐敗した状態になるそうですので、これも一つの目安になるかもしれません。
 http://www.japanfoodnews.co.jp/professor/fuji87.htm

もちろん、人によって疫学的強さも違うので、いやいやもっと菌数多くてもイケる!
って人もいれば、もっと弱くてもお腹を壊す人もいるとは思いますので、

ペットボトルは

 ○なるべく早めにペットボトルは飲みほしましょう!

 ○飲みきれなかったら冷蔵庫で保存しましょう!

 ○直飲みをせず、コップに移して飲みましょう!


以上でした。
posted by moako at 02:13| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これからちょこちょこブログに遊びに行かせてもらいますね
Posted by けんじ at 2013年05月26日 21:01
素晴らしいブログですね。
私のブログにも遊びに来てください。
Posted by kuro at 2013年05月27日 10:50
moakoさん、こんばんわぁ
グラム染色した顕微鏡写真までやるとは。その労力に感謝です。
麦茶によく出るバイオフィルム状物質は酵母だった可能性高し。ビールになろうとしているのか!?
もとは口腔細菌だけど・・・。
私的には麦茶、緑茶論争に決着がついて満足しました。

前記事では大変お疲れ様でした。いろんな人がいるもんですね。がむばってください、応援してます。
Posted by Violet at 2013年06月02日 22:43
こちらにもお邪魔します。

果汁飲料は酸化防止剤にアスコルビン酸添加してるでしょ。
そのアスコルビン酸が細菌の増加を一時的に抑えるから果汁飲料は初期に菌は増えないって聞いたことあるよ。
図らずもそれを実証したカンジですね(笑)

ちょっと思ったのはカルピスとか乳酸飲料はどんな増え方するのか。
乳酸菌が強いのか口腔常在菌が強いのか気になりません?
Posted by エミ at 2013年06月05日 20:46
>けんじさん
コメントありがとうございます。
また遊びに行かせていただきます。
Posted by moako at 2013年06月06日 02:04
>kuroさん
コメントありがとうございます。
また遊びに行かせていただきます。
Posted by moako at 2013年06月06日 02:04
>Violetさん
コメントありがとうございます。
古代酒の中には口噛み酒といって、米を口で噛んだものをまぜて発酵させたものもあったそうなので、あながち間違いじゃないかも…
でもmoako由来の菌で作ったビールを飲みたいかどうかは別ですけどね^^
Posted by moako at 2013年06月06日 02:08
>エミさん
コメントありがとうございます。
今まで出された報告書の中では、乳酸飲料あんまり増えてないんですよね。24時間での話ですが。
もっと長い時間置くとオレンジジュースみたいな現象が起きるのではないかと期待?してしまいます。
Posted by moako at 2013年06月06日 02:12
今日、会社の同僚に「4日間持ち歩いたお茶飲んでも大丈夫だと思う?」と聞かれたので、飲むのを止めたのですが、あたしの判断は正しかった…一日一善した気分です(笑)

夏場は口を付けたペットボトル飲料は一日で飲みきるようにしたいと思います。
Posted by がら at 2013年06月18日 17:16
>がらさん
コメントありがとうございます。
お返事が遅くなってすみません。
さすがに4日持ち歩いたお茶はリスキーですね〜
的確な判断だったと思います^^
ペットボトル、なまじ蓋ができちゃうだけに日をまたいじゃいますよね。かといって蓋ができないのも困るし。うーん。悩ましい!
Posted by moako at 2013年07月07日 03:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック