2013年04月11日

春だから〜実験開始! 冷蔵庫のプラズマクラスターの効果は 結果編。

春の海 
  ひねもすのたり 
       のたりかな

というわけで、毎日うとうとしていますがいかがお過ごしでしょうか。
暖かくなったり、寒くなったり、変なお天気ですね。

さて。
先日から行っている試験

冷蔵庫のプラズマクラスターの効果は?

いよいよ結果発表です。
「バシッとプラズマクラスターが効いているデータをお見せします!」
と神様(旦那)に宣言した手前、いい結果が出ていないと困る。


まずは、プラズマクラスターなし(30分)

  写真 2013-04-03 10 45 42.jpg 写真 2013-04-03 10 46 05.jpg
         0 CFU               7CFU


そして、プラズマクラスターあり(30分)

  写真 2013-04-03 10 45 26.jpg 写真 2013-04-03 10 45 03.jpg
         44CFU               56CFU



!!!!!!

大変です。

効いてない(泣)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)

なんと、プラズマクラスターありの条件の方が、菌数が多いという結果になってしまいました。
プラズマクラスターをONにしたときのみ、何か別のFANでも回って、菌が舞いあがってるのかしら…



しかし…


困る…

この結果を15,000円も多く支払った神様に見られてしまっては困る!


というわけで、(いまさらながら)メーカーのページを色々と調べてみるmoako。
http://www.sharp.co.jp/reizo/feature/pci/


浮遊カビ菌を除菌!

そして、ちっちゃい字で試験方法が…

浮遊カビ菌除菌効果(1000Lのボックス内での実験結果、実使用空間での実証結果ではありません。)
【試験依頼先】(財)日本食品分析センター
【試験成績書】第208020955-001号
【試験方法】1000Lのボックス内にプラズマクラスターイオンを放出し、浮遊カビ菌を当社がエアーサンプラーを用いて
      採取し、カビ菌数を測定(プラズマクラスターイオン濃度:吹出口200,000個/cm3)
【対象場所】冷蔵室内
【試験結果】40分で除去率99.4%

つまり、この試験では比較をするために、ボックス内に菌をまず噴霧しているわけです。
(カビ菌って具体的にはなんだろう?? 黄色ブドウ球菌とかかな??)
確かに、今回の試験では菌数が少なすぎて効果があるかどうかを判断するのは難しい。
(とりあえず、劇的な効果がないということは分かったけど)

しかし、流石に自分の家の冷蔵庫内で菌を噴霧して試験をする勇気はないな…



というわけで、結論。

『通常使用での冷蔵庫のプラズマクラスターイオンは落下菌には効果薄!』


しかし、なんだか悔しいので、今度は付着菌をみてみようかなと思っています。
何かよい実験方法やら資料やらがあったら情報もとむ!!!




追記

これらの結果を神様(旦那)に報告したところ
いたく真面目な顔をして、言うことには…

「きっと、青い光が出てるときがプラズマがオフになってるんだよ。だってカビって青い色だし…」


うん。
全くフォローになってない! むしろ逆効果!
posted by moako at 23:36| Comment(18) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
実験お疲れさまでした!

大体期待通りにならないものですよ。
逆に、「1000Lのボックス内での実験」だけで「効果有」としているのだったら、どうかと思いますねー。
Posted by めたのさえた at 2013年04月13日 19:50
最高!こんなの大好き!しかも文体も面白いです。今後も期待しています。
Posted by ロッキーィ? at 2013年04月14日 20:26
>めたのさえたさん
コメントありがとうございます。
最近、この手の製品はあまり効いてないんじゃないかという話をよく耳にしていたので、ある意味想定内ですけどね。
Posted by moako at 2013年04月15日 12:05
>ロッキーィ?さん
コメントありがとうございます。
楽しんでいただけたみたいで嬉しいです。
素朴な疑問の実験をこれからもやっていきますので
また見て下さいね^^
Posted by moako at 2013年04月15日 13:14
なるへそ、巷の噂は本当だったんだ!
だいたい、ラジカルをバンバン出していたら冷蔵庫の役目果たさない気がしていたんだぁ
だから、ラジカル超少ない→せいぜい電極近傍を通過する低分子の分解=脱臭程度、というあたりでしょうか。
1万5千円、貴重な研究費、ありがとうございました。
Posted by Violet at 2013年04月22日 22:20
>Violetさん
コメントありがとうございました。
残念ながら、噂は本当でしたー。
脱臭効果は試験してないから分からないけど、あるのかなぁ。。。
折を見て付着菌でチャレンジしてみようかと思います。
でも、15,000円でいろいろ遊ばせてもらいましたので、個人的には元は取った感じです^^
Posted by moako at 2013年05月01日 00:22
プラズマクラスターの外にも、もっと既製冷蔵庫も検証しないとプラズマクラスターだけが叩かれてしまう、ネガキャンになってしまいます!
現にとある掲示板にて叩かれてたのでblogにきました!
対応してください!
Posted by at 2013年05月09日 10:30
私も脱臭効果の方が知りたいです
菌は期待しておりませんが、脱臭効果が有ればそれはそれで良さそう
Posted by motomoto at 2013年05月09日 11:17
2chでスレが立っていますね。
プラズマクラスター冷蔵庫の効果が凄すぎw シャアアアアアアアアアアアアアアアップwwwwwww
http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/poverty/1368061847/

11 名前:番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です[sage] 投稿日:2013/05/09(木) 10:17:23.96 ID:DQvd/9KtP
プラズマクラスター使った奴のほうが繁殖しとるやないか!
と思わせる為のネガキャン
シャープに最後のトドメを刺したい企業に雇われたんかねぇ
Posted by mmoti at 2013年05月09日 13:32
>?さん
コメントありがとうございました。
既存の冷蔵庫とも比べてみたいですが、あいにくうちには1台しか冷蔵庫がなく(泣)
プラズマクラスターON、OFFでの比較にしてみました。
もちろん1回きりの試験なので、これで断定もできないし、菌数自体も元々少ないんですけどね。
どうしてこんな結果になったかは、また検討してみたいと思っています。
Posted by moako at 2013年05月11日 00:25
>motomotoさん
コメントありがとうございました。
脱臭効果ですかー。口コミを見ると結構効いてるっていう意見も多いですよね。
数値化するのが難しいですが、何かいい方法を思いついたらチャレンジしてみます。
ニオイは何がいいかな…キムチ?納豆??
Posted by moako at 2013年05月11日 00:27
>mmotiさん
コメントありがとうございました。
おお!2chにスレが立つなんて初めての経験!
SHA○Pのネガキャンで雇われてるどころか、むしろSHA○P好きで家電の多くがSHA○P製のmoako家です。
しかし、そんなmoako家で実験をすると、結果によっては好きなブランドを貶めることに…(泣)
難しいもんですね…。
Posted by moako at 2013年05月11日 00:32
お久しぶりで〜す♪

成績書見ると2008年にコレ試験してその結果をそのまま使ってますね。
2008年当時のプラズマクラスター発生装置をそのまま搭載してるのかな?
でも5年も前と同じ性能のものを搭載するかなぁって思っちゃいますね。

日本分析センターは依頼主が試験方法や試験菌を指定してこない限り、基本的にはJIS規格か食品衛生法(ものによっては薬事方)に基づいて試験してますよ。
今回は検体が冷蔵庫だから、依頼主が試験方法等を指定してなかったらJIS規格に基づいた試験してるんじゃないかな。
JIS規格に基づいてやってたら、使用したのはAspergillus nigerかBacillus subtilisのどちらか、ないしは両方じゃないかと思いますよ。

付着菌するなら納豆を検体菌にスタンプアガ―使ってやるとか?
納豆を検体菌にするとしてもチョット抵抗があるなぁ(笑)
Posted by エミ at 2013年06月05日 20:29
>エミさん
わーい!お久しぶりで―す♪
報告書のコロニーを見る限り、ブ菌かなにかかなという印象ですが詳しいことは謎です。
正直、ニガ―や芽胞菌の付着菌を叩くのは厳しいんじゃないかなと思っている今日この頃です。
でもまあ、試験をやるとしたら…納豆菌でしょうね…ちょっと抵抗あるけど(笑)
Posted by moako at 2013年06月06日 02:16
再びお邪魔します♪

付着菌はStaphylococcus aureus使用してますね。
JIS規格でも使用を明記されてるし。
まぁ、皮膚常在菌だし妥当と言えば妥当な菌株ですよね。

『プラズマクラスターイオンが、庫内に付着している菌や、出し入れの多い飲料パックなどに付いた菌も除菌します』って書いてるし
納豆、キムチ、ヤクルト、味噌等々の発酵食品を検体にして、SCDに混釈か平板塗抹で接種。
@プラズマクラスターの放出口に一定時間(3時間とか)置いてから35±1.0℃で培養
A @の一定時間はクリーンベンチとかに入れといて@と同時間から35±1.0℃で培養。
それで@とAの菌数増加を見て行くとかどう?
冷蔵庫だから培地が乾燥しそうだから一定時間置くのも時間は短そうだけど(^_^;)

なんか、こういう実験を考えるのって楽しいし、やりたくなるよね〜。
専業主婦となってしまったから、やりたくてもやれねー!!
私の分までドンドン実験してね(笑)
Posted by エミ at 2013年06月06日 20:19
>エミさん
コメントありがとうございます。
メーカーの試験を見ると、冷蔵庫内で3日放置とかしているので、大丈夫かと思ってやってみたら見事にコントロールも含めすべての菌が乾燥で全滅(笑)
実験条件の設定が難しいですね。
やっぱ、3時間くらいが限度なのかなー。バチルスならもっと行けそうだけど、効果を出す自信がないです。
Posted by moako at 2013年06月14日 02:43
面白い実験でした。
プラズマクラスターの時はファンが回っていて、落下細菌の量が増えたのではありませんか? プラズマクラスター回路が通常のファンに組み込まれていたとすると、換気量が一定ですから、この仮説は成り立ちません。そうであれば、検体の取り違えでしょうか。プラズマクラスターが細菌やカビ類に無効である可能性はあってもを、増殖させることは考えにくいですね。
Posted by HISAPET at 2014年01月13日 13:24
>HISAPETさん
コメントありがとうございます。お返事が大変遅くなってしまい申し訳ありません。
ファンについては私もありえると考えています。ファンがまわる→付着菌が舞い上がる→落下菌増える。っていうのが結構有力です。
Posted by moako at 2014年03月09日 23:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/354962279

この記事へのトラックバック