2006年09月25日

携帯電話と菌 その後。

この間のニュースのあと、携帯電話を拭きとってみました。
 携帯電話と菌
 

正直、私の手が微生物学的にあまりキレイでないことはよくわかっておりますので。
その携帯だって、そりゃ、相当のものがでたって全然ビックリしませんが。

マイ携帯。

     keitai.jpg
携帯電話の写真を携帯カメラで撮影することに思いのほか苦戦してます。
鏡にうつして、その姿をなんとか撮影。

顕微鏡の菌を携帯カメラで撮影するより難しいんですけど。
 
で、標準に捲いた結果。
   携帯.jpg 

全然自分の手よりキレイだな…。

なんか、負けた気分。
 
このタイプは多分抗菌加工はされてない携帯のようなのですが、

NEC売り出しのDocomoの「N901iC」「N901iS」などがダイヤルキー部分を除き、液晶面も含め、すべて抗菌仕様らしい。抗菌成分は「バクテキラー」強そうな名前です。

バクテキラー
カネボウ株式会社の登録商標
 合成ゼオライト(アルミノ珪酸塩)に金属イオンを付与したもの。2〜5ミクロンの微粒子活性化金属イオンを融資、微量の銀イオンが抗菌能力を持つ。米国EPA/FIFRA(環境保護局)許可を持つ。
このバクテキラーを樹脂に練りこむことで、抗菌性を発揮しているとのこと。

 
JISZ2801の規格

抗菌製品5cm角の板の上に黄色ブドウ球菌または大腸菌液1〜4×105CFU/mlをたらして、その上にフィルムを被せて1日接触させた場合に、抗菌活性値2.0以上(99%以上の殺菌率)を示すもの。この規定を満たすことによって、抗菌製品技術協議会SIAAの定める自主基準に適合し、SIAAマークを得ているらしい。
     images[3].jpg ←このマーク。

 
この携帯を使ってないので、携帯自体にこのマークがあるかどうかは定かではないので、もし使っている人がいたらレポートをお願いしたいです。
 
一時期の抗菌ブームの時には、抗菌成分を入れただけで、効果が全然出てなくても「抗菌製品!」とかいう製品が氾濫していました。今はこの制度ができたことで、このマークがあることで一定の抗菌効果を持つ製品とそうでないものを区別することができ、かなり商品としてはまともなものが多くなってきているのだと思います。
 

ただ、抗菌樹脂を否定するつもりはないけど、抗菌効果があるからって、だから何?って思ってしまう今日この頃です。

時代のニーズであることは理解できるけど、この手の抗菌製品がどうしても必要な場合とか、必要
な人というのはどういう意味づけを想定してるんですかねー。
 
私自身は、特に抗菌非抗菌気にせず買っていますが、抗菌成分!とか書いてあるときは、
「どれどれ何が入っているのかな?」ってその種類をついついチェックしてしまうけどね。
 
ま、携帯にも菌がいる。というごくごく当たり前の結果でした。
 
posted by moako at 13:32| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
moakoさん、こんにちは。
携帯のふき取り検査結果、興味深いですね。
自分も色々な現場に行くのですが、以前に光触媒処理をするため、バスの吊革や座席の検査をしつづけましたが、意外と菌量は少ないもんなんですよね。

しかし、moakoさん....
携帯を鏡に映して写すってのは思いつきそうで、思いつかないですね(笑
Posted by water007 at 2006年09月26日 00:38
>water007さん
コメントありがとうございます。
プラスチックや金属などツルツル系のものからはあまり菌が出ないです。材質によってかなり菌相も菌数も違う気がします。
携帯の写真を撮るのはかなり難しかったです。思いついたとき、天才!!っておもっちゃいました(笑)。
Posted by moako at 2006年09月26日 23:49
抗菌効果の持続性ってどうなの?

やっぱバチっ子は抑制できないものなん?

抗菌剤耐性とかあるの?
Posted by pink☆ at 2006年09月27日 19:44
ウチの職場でも抗菌グッズ使ってますよ。某展示会でもらった抗菌ステンレスのテストピースなんですが(笑、培地保温用の恒温水槽に入れてます。手を突っ込んだりしてるんですが、びっくりするくらい無菌を保ってます。

結局汚染量が少なければ抗菌グッズも効果的なんですが...たいてい汚染されまくるようなとこに使われてますよね(笑
Posted by lone_lynx at 2006年09月29日 00:10
>pink☆さん
コメントありがとうございます。
建築関連のものに関しては、社団法人日本建材・住宅設備産業協会で定める試験では耐久性試験が定められていて、概ね5年以上の効果があることを確かめるようです。消耗品はもっと短いとおもいます。

バチっ子。試験菌が大腸菌と黄色ブドウ球菌だからね…。抗菌という意味では効果はあるのかもしれないね。

>lone lynxさん
コメントありがとうございます。
恒温水槽の水が無菌状態なんですか??だとしたら、結構頑張りやさんですね。

まあ、あくまでも抗菌ですから、積極的に殺菌することをあまり期待するのは酷ですね。
Posted by moako at 2006年09月29日 07:37
こんにチワワ。Rei2さんの都農町にいってきました。Moakoさんが飛び上がって喜びそうな話がありましたよ〜。
Posted by Tappy at 2006年09月29日 13:00
>Tappyさん
コメントありがとうございます。
Rei2さんのところに行って来られたんですかー。
いいなー。
私が飛び上がって喜ぶ話って何?何??
教えてくださいよー^^
Posted by moako at 2006年10月02日 00:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック