2006年09月13日

携帯電話と菌

夕べ、テレビ見てたら、「」とかいう単語が聞こえてきたのですかさず反応!

どうもこのネタのようです。
 

【ファンキー通信】僕らの携帯電話には「バイ菌」がうようよ!?
僕らがいつも使っている携帯電話。「もう携帯電話がなくちゃ生きていけない!」そんな人も少なくないはずです。手元にないと落ち着かないんですよね。

そんなふうに手離せない携帯電話ですが、もしかしたらバイ菌でいっぱいかもしれませんよ。実はイギリスのマンチェスター・メトロポリタン大学のJOANNA VERRAN教授がこんな研究を発表しました。それは“携帯電話に棲息しているバイ菌の数はトイレの便座よりも多い”という衝撃の結果だったのです。
なんでも、携帯電話は充電池などによる熱によって、バイ菌がとても棲みやすい環境になっているんだとか
いやはや恐ろしい・・・。でもこれって日本でも通用する研究結果なのでしょうか? 
 
葛飾区にある衛生微生物研究センターに問い合わせてみると・・・「日本でもこの事象があてはまるということは一概には言えませんね。しっかり調査してみないと」というお答え。あくまでもイギリスの事例であるということでした。
 
日本ではJIS法の改正により「抗菌性」が客観的似証明されるようになったそうで、この法律が定める試験方法をパスしなければ「抗菌性」を主張できないというシステムに変わったんだとか。最近の携帯電話のほとんどが、このような厳しい検査を通過して抗菌コーティングされたものなので、比較的安心できるということなのです。
 
そこで、抗菌コーティングされている携帯電話を開発しているNECに、そのコーティングの効果を聞いてみたところ、「抗菌コーティングの効果につきましては、『JIS Z 2801』に適合しております」というお答えをいただきました。『JIS Z 2801』とは抗菌加工製品に関する工業規格のこと。JIS法による正式な検査をパスしているという証拠なのです。
とはいえ、携帯以外の身のまわりのものにも細菌が数多く存在していると言われています。気になってしまうときりがないですが、ちょこっと心に留めておくことも必要かもしれません。(加藤克和/verb)
 
ニュースの映像を見ていると
いかにも博士!って感じの英国紳士が、私が普段使っているような綿棒で携帯電話をおもむろに拭き拭きしているではありませんか。

 でもまあ。
騒ぎすぎ。

携帯電話を手で持てば、常在性菌が付着することもあるだろうし、
皮脂なども付着したらある程度はその表面で生きることもできるだろうし、
使っていればそれなりに暖かくなるだろうから、ある程度は生きることは出来るだろうし
ボタンとかの構造が複雑だからその隙間とかに入ることもあるだろうけど。

でもまあ。
騒ぎすぎ。

そもそも
その携帯電話に付着した菌は自分の手や頬や耳の周りや口の中の唾液からやってきたものがほとんどなんだから。

携帯電話よりも、自分のほうが微生物学的に汚ないんじゃないかの。
こういう記事が出ちゃうと、ますます抗菌製品が喜ばれるようになるんですかねー。
とかいいながら、

今日間違いなく自分の携帯電話拭き取ってます(笑)
興味本位です(笑)。

posted by moako at 07:50| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
結果報告をお待ちしておきます(笑)

それにしても常在菌などを知らなすぎますよね。
本当に騒ぎすぎ。
Posted by Sekizuka at 2006年09月13日 10:44
 おもむろに、70%アルコールをコットンにつけて、拭き掃除してしまいました。フィールドワークで、結構、泥だけになっている携帯電話、ひょっとすると、おもしろい土壌細菌がいたかも知れないが、生息環境が違うだろうから、さよならしました。

 気休めだけどね♪
 
Posted by soh-01 at 2006年09月14日 09:11
moakoさん、こんにちは。
確かに携帯電話は口元や耳にも当てるので汚れますね。
それでも自分の菌ですからね。しっかりと受け入れることとします。

あと、この場でスミマセン。
Sekizukaさん、こちらの読者だったんですね。こちらから訪問してくれてたのかな?
いつもコメントありがとうございます。

moakoさん、ヨーグルトの報告楽しみにしていますね。では。
Posted by water at 2006年09月14日 21:09
>Sekizukaさん
コメントありがとうございます。
そうですよねー。
でも私自身は「騒ぎすきだー!」と騒いでます(笑)

>soh-01さん
コメントありがとうございます。
アルコールで拭き拭きされちゃったんですね。ご愁傷様です。私の携帯は滅菌生理食塩水を含んだ綿棒で拭き拭きされちゃいました。
またご報告します。

>waterさん
自分の菌ですからね。致し方ないって感じですよね。ニュースでは「携帯電話の貸し借りで感染?」なんていってましたが、そんなこと気にしてたら生きていけないですね…。
Posted by moako at 2006年09月14日 22:38
はじめまして、moakoさん。自分もmoakoさんと似たような仕事をしているのですが、ブログを見させていただき、面白くて勉強になりました。これからも拝見したいと思います。よろしく!
Posted by libra at 2006年09月18日 16:49
>libraさん
コメントありがとうございます。
なかなか更新が進まず、申し訳ない今日この頃です。手探りで進んでおりますので、ご意見、ご指摘、ネタフリ等大歓迎ですので。これからもよろしくおねがいします。
Posted by moako at 2006年09月19日 00:46
まあ、一般の日本人の感覚はそんなもんでしょ。
ムダに清潔好きだから。

己の顔に恐ろしいほどの細菌がいて、フツーに食べてるものにもうじゃうじゃと細菌がいて、今まさに吸っている空気にもカビが飛んでるなんて事知ったら即倒するでしょうね(笑)

携帯ではなく会社のPCのキーボードならふき取りした事ありますよ。
予想通りスタフィロ&ミクロ出てきました。
それでも、別に皆は騒がなかったな〜。
むしろ「出たよ〜!!」という感動があったような気が・・・。

Posted by エミ at 2006年09月24日 00:40
>エミさん
コメントありがとうございます。
細菌の多い少ない、病原性微生物の有無なんかは、感覚的な清潔不潔とはまた別ですからね。
「やだ、不潔!」とかっていってる人を見るとついつい、菌の話とかしたくなっちゃいます。意地悪ですかね。

スタフィロとか、でますよね。そんなもんですよね。
Posted by moako at 2006年09月25日 23:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23678561

この記事へのトラックバック