2011年04月03日

あおっぱな その後。

どうもどうも。moakoです。
4月になってしまいました。

相変わらず、更新が滞っております。
私はと言いますと、今、なぜか今、そして今更ながら英語にハマっております。
特に今ハマっているのが、オンライン英会話教室のSkypeレッスン。
月々6000円で、毎日25分間のレッスンを受けることができるので、
巷の通学型英会話教室よりも安いし、数がこなせるし、夜中までレッスンがあるし、すっかり気に入っております。

SpeakingもListeningもまだまだ残念な状態で、
私が英語をぶつぶつ喋りはじめると、娘に
「もうっ!おかーさん! えいごしないでっ!!」と苦情を言われる始末。
よっぽど聞き苦しい発音をしているようです。


さて。それはそうと、あおっぱなの続きです。


前回、緑膿菌のようなにおいがしてきた娘の鼻水を培地にまいてみました。

そして、48時間経過後…

やっぱり全く生えてない。


前回と同じ現象です。

さて。今回はここからどう展開しようかと思案にくれておりました。
そして、思案にくれながら…すっかりそれを忘れておりました。

そして、シャーレは室温に放置されること1週間。

一週間後。

     110409_1723~0001.jpg
            
          な、なんかでてるー!

というわけで、培養時間を延ばすとなにか菌が出てきました。
前回は48時間くらいしか培養してなかったので、もしかしたらもう少し培養時間を延ばしたら
何か出てきてたのかもしれません。

顕微鏡で見たらこんな感じ。
    P1010114.JPG
            陰性菌かな??

コロニーの形は、緑膿菌ぽくはなかったですけど…。

ともあれ、培養条件によって全く菌が出ないってこともありうることが分かりました。
これを踏まえて次の風邪の時にはまた、菌を採取してみたいと思います^^
イマイチすっきりと結論が出なくてすみません。

また風邪ひいたら培養してみます。
posted by moako at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめましてmoakoさん!!!!!
興味深く記事を拝見させて頂きました。

沖縄県片田舎出身ですが、昔から「あおっぱながでたら、風邪は治った!」と祖母や父親から教えられて来ました。免疫が、風邪の菌と戦った死骸があおっぱなだと。(痰もその一種と聞かされてました)

現在東京都の保育所に勤めておりますが、保護者の方から「あおっぱなでてるから、長引くかなぁ。。」と言われて、えっΣ(・□・;)と思い、真相を探していた次第です。

私は細菌について全くの素人ですが、moakoさんの記事を読んでると、何だか細菌が好きになりそう(笑)

イヤイヤ期、自分で期、中々大変ですよねヽ(´o`;この時期に自分の気持ちを沢山受け入れてもらった子供は、成長と共に自立心がしっかりと育つそうですよ!!!!!

娘さんの成長も、あおっぱなの謎、その後も、楽しみにしていまはし♪( ´▽`)
Posted by 玉城登史江 at 2011年07月05日 08:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。