2011年03月16日

東日本大震災。

2011年3月11日。
この日はこれから先、ずっと忘れられない日になるでしょう。

茨城県沖で発生したマグニチュード9.0の地震。
関東、東北地方に建物の倒壊、道路の寸断などの大きな被害を与えました。

そして、その影響で発生した津波。
その高さは10mを越え、あっという間に堤防を越えて町になだれ込み
町や車や建物、すべてを飲み込みました。
地震から3日経った今も、詳細が分からない地域も多くあり
東北地方の海岸沿いの町は壊滅的な被害を受けています。

本当に信じられない光景です。

また、今回の地震では、原子力発電所が大きなダメージを受けました。
地震発生で、原子炉は緊急停止したのですが、
その炉を冷却するための非常用電源が津波で水に浸かって作動せず、
一連の事故につながったようです。

テレビでは連日、原子力発電所の事故の様子が報道されており、私たちはそれを通してしか
現地の状況を知ることはできません。
「想定外」の津波が襲ったことによる、「想定外」の事故ですが被害は「想定内」だと
繰り返す東電の社員の方の苦渋の表情を見るたびに
今の事態よりもさらに悪い事態を想定する必要があるのだと思ってしまう今日この頃です。

ただ、一概に悲観している場合ではなく
この被害がどれくらいの意味を持つのかについては自分で勉強し、判断しないと
いけないのでしょう。
逆に言うと、皆それを知らないから、こんなにも日本中が不安でいっぱいになって
しまうのだと思います。

今まで、原子力発電についてはナイーブな問題としてあまり取り上げられず
わたしたちの知識が圧倒的に足りてないと思います。
普段の生活ではそれが問題になることはないのでしょうが、このように有事の時に
判断するバックグラウンドを全く持っていないと
少しの放射線でもおびえてパニックになったり、逆に退避すべきタイミングを逃したりしてしまいます。

これを機に、私たちは、原子力発電所についてもう少し、学ぶべきなのでしょう。
ただただ反対するのでなく、無条件に賛成するのでなく、無関心であるのでなく
そのバックグラウンドを得る時期に来たのだと思います。

今の私自身の認識としては、普段の数値と比べるとかなり高い値であるけれど
健康被害という面では、一般の市民に直接出るレベルではないと考えています。
今後の動向を見守りたいと思います。

まだまだ、福島原発は緊迫した状態が続いています。
現地で対応に当たっている方々には本当に頭が下がります。
緊迫した状態に何日もおかれ、本当に大変だと思いますが、
事態の収束までふんばっていただきたいです。


私が住んでいる地域は幸い、震源地からも遠く津波の影響もないところです。
いつものようにボケっと仕事としていて、地震から3時間あまりたった時に初めて地震のことを知ったくらいです。
ちなみに、私は個人でガイガーカウンターをもってるんですが、

岡山ですので、今のところ全く影響なしです。

震災について何も技術や知識を持っていない私は、なにもできなくて落ち着かないですが、
今自分がするべき仕事を、生活を、静かにすることしかないんでしょうね。

現地におられる被災された皆さんが一日も早く落ち着いた生活を取り戻しますように。
現地で頑張っておられる、自衛隊、警察、消防、ボランティアの皆さんが皆さんの希望の光になりますように。
また、不幸にも亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。


最後に、微生物的なことを。

 避難所での集団生活では、インフルエンザや風邪が蔓延しがちです。
 物資が不足しているとは思いますが、マスクは有効です。
 乾燥しがちな空気の中でも、マスクをすることで喉も乾燥も防げますし、
 周りからの感染も幾分防ぐことができます。
 
 手洗いは、水が止まっていたら難しいでしょうが、
 擦式のアルコール製剤があればいいんだけど、足りてるのかな…?
 あとは、飲水の消毒や、ノロウイルスなどの食中毒に備えて、次亜塩素酸系の製剤が
 常備してあるといいのではと思います。
    →3/14 栗東市が次亜塩素酸ナトリウム(20L) を50箱支援物資として提供したそうです。
 
 消毒剤やマスクなどは食料、燃料、医薬品等に比べると、後回しにされがちですが
 集団生活をせざる追えない状況、津波で家屋に泥がかぶってしまい衛生状態がよくない状況では
 必要不可欠なものだと思います。
 是非、避難所生活が衛生的に維持できるよう、努めていただきたいと思ってます。

今後も、大変な状態がしばらく続くと思いますが、
私も私ができることを出来る範囲で頑張ります!!

明日も頑張ろう!
posted by moako at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。