2010年09月08日

水出し麦茶ってどうよG まとめ。

この夏の「サイキンのオハナシ」は麦茶色一色でした。

そんななか、サイキンのオハナシはなんと、10万アクセスを突破しました。
麦茶バブルの時には1日何千人もの人がこの残念なブログを
見ていたのかと思うと、嬉しい反面、恥ずかしい気持ちです。
今後とも、こんなブログですが生温かく応援して下さるとありがたいです。

というわけで、麦茶についてですが、
ポット&水筒を綺麗に洗って殺菌(無菌とまでは行かないけど)
していた場合、グラフにするとこのような結果となりました。

   mugitya.jpg

水出しと比較して、煮出しの場合の方が、菌数を低く抑えることができ、
水筒で持って歩いた場合の同様の傾向でした。
そして、水筒で持ち歩くと、温度の管理が難しいため、
菌数は大幅に増加してしまうことがわかりました。

また、ポット、水筒等には菌は繁殖しやすいので
こまめに洗浄・殺菌をすることをお勧めします。


ところで、私のblogを通じて仲良くなった微生物仲間のYさん
この記事を読んで、「うちの麦茶も!」と試験をしてくれました。

以前、この人は「じめじめ耳垢の人の耳の中の菌数が知りたい!」
とblogに書いたら
『私、じめじめ耳垢です♪』と、わざわざ自分の耳をふき取って
菌数を教えてくれた人です。
↓↓
http://lovelykin-kin.seesaa.net/article/116077099.html

いつもホンマすみません。
ネタを提供して頂いて。

というわけで、Yさんちの麦茶の作り方はこちら。

1、綺麗に洗って乾燥したポット(ガラス)に煮出した麦茶を入れる
2、12時間冷蔵庫で冷やした後、こちらも綺麗に洗い乾燥した水筒の中に麦茶を入れる
3、水筒に氷を入れ、可能な限りの低温を保つ
4、会社で普通に飲用し、残った麦茶を菌検査(17:00に検査。水筒内10時間)


で、結果はこちら。

   17415264_321740135_65large.jpg

大体4乗くらいだろうとのこと(Yさん談)
うちの煮出しとも、いい勝負の菌数でした。

他のお家でも、まあこんなもんだということが分かりました。
大体こんなもんなんでしょうね。

というわけで、長かった麦茶試験もここでひと段落とします。
長い夏がそろそろ終わりそうです。
今年の夏は猛暑で期間も長いですが、もうそろそろ秋になってほしいですなあ。
posted by moako at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック