2010年08月03日

水出し麦茶ってどうよ 実践編E 水出し麦茶の限界。

8月になりました。

連日猛暑日です。うちのアパートの部屋も連日40℃近いです。
もう、嫌になっちゃう。

というわけで、麦茶試験第2段の結果です。
今回のコンセプトは
水出しでもちゃんと作れば菌数を抑えられるはず!」です。

試験方法はこちらから。
http://lovelykin-kin.seesaa.net/article/157761251.html

まず@そもそも麦茶のパックに菌はいないの?試験。

@麦茶パック。

麦茶パック自体の菌数を見てみました。

   100730_1108~0001.jpg
           じゃーん。
          け、結構いるね…。

菌数の測定をしてみると
1.2×10の5乗 cfu/g!

麦茶のパック自体に菌はいるようです。
ちなみにこの麦茶のパックは開封して3日目。
賞味期限は2011年5月でしたので、比較的新しいものです。

うーん。ちょっとショック。
まあ、製造工程に殺菌工程はないし(加熱工程はあるけど、殺菌目的じゃないし)
個包装してないタイプだしなあ…仕方ないかな。

以前調べた文献値でも茶葉のパックから
10×10の2乗 cfu/g〜10×10の4乗cfu/g位検出されるとの報告があるので
あながち極端に外れた数値でもないようです。

次にAきちんとポットを殺菌してから作れば、水出しでもいいんじゃないの試験
麦茶パック自体に菌が結構いることが分かった時点で
水出しで菌数を抑えることについては自信がなくなってきましたが実験は続行。

まず、ポット&洗う前の菌(おだおだあり)をもう一度ふき取りで採取

  100730_1104~0002.jpg
       A ポット洗浄前 
 
  100730_1104~0001.jpg
  B 水筒洗浄前
  
どちらも立派な微生物のお花畑を作ってます。

そして、それをスポンジで洗った後(物理洗浄)。
  100730_1110~0001.jpg
        C ポット洗浄後 
  
  100730_1103~0002.jpg
      D 水筒洗浄後
 
前回の試験での方が綺麗に洗えてたなあ…

前回の試験と同様、物理洗浄は結構効いてます。
特にポットは物理洗浄だけれも結構菌が落ちてます。
皆さん、せっせと擦り洗いしましょう。

そして、塩素殺菌後

  100730_1106~0001.jpg
       E ポット殺菌後 

  100730_1110~0002.jpg
       F 水筒殺菌後

ポットはほぼ完壁。水筒は若干残ってますが、菌数は劇的に減ってます。
やはり、マツイ棒を使って、隅々まで掃除しなかったからでしょうか。

そして、綺麗になったポットに水道水を入れ、麦茶パックを1つ入れて冷蔵庫へ。
6時間抽出。

6時間後、ポット内から麦茶をサンプリングして菌数検査。

   100730_1107~0001.jpg
   G 麦茶 出来たて(ポット) 6時間冷蔵保存
        60CFU/ml

おおっ!少ないぞ!
前回おだおだありの時の同じタイミングの時と比較すると、
かなり違う!

  100730_1107~0001.jpg   100717_0914~0002.jpg
    今回         前回

そして、その麦茶を水筒に移します。その時点で、水筒の中も菌数検査。

  100730_1112~0001.jpg
  H 麦茶 出来たて(水筒) 
      60CFU/ml

おおっ! 水筒内のおだおだの菌数を減らしているため、
この時点では菌数の増加はありません。

そして、ポットは冷蔵庫保存で、水筒は10時間外出時に持って歩きます。
そして、帰宅後(麦茶を水筒に移してから10時間後)。

  100730_1107~0002.jpg
  I 麦茶 (ポット) 6時間冷蔵+10時間冷蔵保存
  3.9×10の3乗CFU/ml

  100730_1103~0001.jpg
  J 麦茶 (水筒)  6時間冷蔵+10時間水筒内保存
  1.0×10の5乗CFU/ml

確かに、菌数はそれなりにでてますが、
おだおだがあった前回のときに比べると、格段に少なくなってます。
おだおだを綺麗に掃除、殺菌することで一定の効果はあるようです。

しかし、麦茶パック自体に菌がいる以上
これ以上水出し麦茶で菌数を下げるのは困難です。

また、ポットと水筒の結果でIとJの結果の差がかなり違うことから
水筒自体の保温性がかなり影響していることも考えられます。
(水筒内の温度、測っとけばよかった。失敗。)
ですので、水筒に氷なんかを入れて、冷蔵庫の温度条件に近くしておけば、
もう少し菌数の増殖速度は抑えられるのかもしれません。

でも、まあ、この菌数でも、正直風味にはあまり影響はありません。
ましてお腹が痛くなったりもしないので、うちはこれでOKレベルです(笑)


ちなみに、飲料水の水質基準における一般生菌数は1ml中100個以下。
つまり、今回の試験で言うと出来たて(6時間抽出後)の麦茶まではクリアしてることになります。
でもまあ実際、麦茶に関してはそこまでシビアじゃなくてもいいんじゃないかと思いますが。
参考までに、食品関連の一般生菌数の基準値は。

  牛乳          5×10の4乗CFU/ml
  アイスクリーム    5×10の5乗CFU/ml
  冷凍食品       1×10の5乗CFU/ml
  惣菜類         1×10の5乗CFU/ml


などなど。
このpdfがきれいにまとまってます。 
 http://www.visionbio.com/inspect/hyg/inspect-form.pdf

菌数の基準は多いものから少ないものまでありますが、
一般に食品中の生菌数が10の7乗〜10の8乗CFU/gに達すると
官能的にも腐敗と感じられることが多いようです。

だからまあ、今回の麦茶はその観点からいっても、概ね合格レベルではないかと思います。



・・・さて。
最後に、煮出し麦茶の試験するかなあ…。
個人的にはもう結構満足だったりするけど(笑)
posted by moako at 02:05| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても良い結果が出ていて嬉しくなりました!
我が家は水出し継続します。そのかわり容器の洗浄は定期的にしっかり行いたいと思います。
moakoさんお疲れさまでした。あと一実験頑張ってくださいね!
Posted by ももんが at 2010年08月03日 09:17
>ももんがさん
コメントありがとうございます。
麦茶パックに菌が結構いるのはびっくりでしたが、
温度管理と容器の洗浄でかなり菌数は抑えられるようです。
うちも、水出し継続派です。
Posted by moako at 2010年08月04日 00:24
この暑さで、食品保存が心配で色々見ているうちに、こちらを見つけました。
理系ですが、微生物系は素人な人間です。
実験したことはないですが、麦茶パックを最初にチンするってどうでしょうね?
元々焙煎してある物なので、加熱で麦が爆発することもないかなあ?と
思うのですが…・
Posted by えるえす at 2010年08月05日 08:21
>えるえすさん
コメントありがとうございます。
その案、まさにうちの旦那が提唱してます。
水分含量がどれくらいかによりますが、効果があれば簡単に殺菌ができていいですよね。
元気があれば調べてみたいと思います。
Posted by moako at 2010年08月05日 23:32
むかしNHKのためしてガッテンでおいしい麦茶の作り方やってました。
http://cgi4.nhk.or.jp/gatten/archive/program.cgi?p_id=P20090708
パックにお湯をかけ1分ひたしてから水出しする方法でしたが、これならパック殺菌ができるかも。
Posted by やま at 2010年08月09日 00:04
おぉ☆
またまたおもしろい実験やってるねぇ!!
興味深く拝見致しました。

またネタに使わせていただきます♪
Posted by ピンク at 2010年08月15日 13:27
moakoさま

@から読み直しましてまさか麦茶にこんなに菌がいるとは…と驚愕です。
わたしはお湯だし(煮出すのではなくお湯に5分ほどインする方法)かつ
おなかが弱いため常温保存なのですが、それってお湯の殺菌が効いてる!?
それとも常温保存の間に菌がわいてる…!?と考え出したら怖くなって
きてしまいました。とにかく今日帰ったら一度、ポットやいろんなものを
漂白してまわろうと強く思いました…!!

気が向かれましたらお湯だしもお試しいただけたらなと思います。
Posted by moeve at 2010年08月17日 12:36
>やまさん
コメントありがとうございます。
ガッテン麦茶については、結構意見を頂いてます。
うちの実家がガッテン麦茶らしいので
また試してみようかと思ってます。

>ピンクさん
コメントありがとうございます。
長編大作になっちゃった。
頑張りすぎて次のネタがなかなか進みません。

>moeveさん
コメントありがとうございます。
麦茶、結構いるんです。
でもまあ、病原性菌ではないと思われるので私はあまり気にしてませんが。
風味が悪くならないうちに飲んでくださいませ。
Posted by moako at 2010年08月27日 01:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック