2015年06月03日

今流行の「ジャーサラダ」 実際の菌数は? 実験編A

6月になりました。
あっという間に、梅雨入りしそうです。
温度も30度を越える真夏日の日がちょいちょいあり、食中毒が心配な季節になってきましたね。

そんな中で、ジャーサラダ5日目。

ジャーサラダ、調べてみるとカワイイのがいっぱいありますね。
詰めるときも、ひっくり返した時にキレイに見えるように考えて詰められているとか。
ドレッシングなんかも入れとくと、一番最後にドレッシングがかけられてる感じになるわけですね。
よく考えられてるなー。

さて、ジャーサラダを作って5日間経ちました。
同じく、冷蔵保存したジャーサラダを室温にて6時間放置。

nasi 5day.jpg suari 5day.jpg
       酢なし                 酢あり

5日も経つと、ちょっと、見た目も劣化してます。

下から見たらキュウリがこんなことに。
ura 5day.jpg

うわあ。
菌数でそう。すごくでそう。

というわけで、開封。

においも、若干風味が落ちている感じになってました。
明らかに腐ってる!というわけではないけど、疫学的猛者のmoakoといえども、

さすがに食べたくない。

sunasi.jpg suari.jpg
      酢なし                       酢あり

そして、1日目の場合と同様、一般生菌数と大腸菌群数を測定してみました。

出るな-。こりゃ出るな-。

というわけで、菌数の結果は次回に報告します。


ここで、1日目の菌数の結果を紹介。

1日冷蔵庫においたジャーサラダの菌数ですが、

酢なしの場合
 一般生菌数 5.5×10の5乗CFU/g (1gあたり 550,000個)
 大腸菌群数 3.9×10の2乗CFU/g (1gあたり 390個)

酢ありの場合
 一般生菌数 1.5×10の5乗CFU/g (1gあたり 150,000個)
 大腸菌群数 1.6×10の2乗CFU/g (1gあたり 160個)
(※追記 一般生菌数のコンマの位置を訂正しました)

若干酢ありの方が、菌数が少ない結果となりました。
1day10-1 A.jpg su 1day 10bai.jpg
       酢なし                  酢あり

もっと増えてるかと思ったんですが、そうでもなかった。

このデータだと、前の日に作ったものを次の日に食べるくらいなら大丈夫かなと思えなくもないですが。

ただ、夏など気温がもっと高くなった場合は、菌数はもっと急激に増えることが予想されます。
さらに、今回は、調理器具等はアルコールでしっかり殺菌した物を使いましたが、
家庭で行う場合は、調理器具からの二次汚染にも要注意です。

さらに、大腸菌群もジワジワ増えているのも要注意です。

それでは次で最後のまとめになります。
5日目のデータと、これまでのデータをまとめて見てみますので、好ご期待。
posted by moako at 02:13| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする